【画像あり】AV出演被害者の会が声明「スカウト全面禁止」「痴漢 3P レイプ 女子高生ジャンル違法化」「本番禁止」

スポンサーリンク

性行為映像作品出演被害の防止等に関する法律について当事者からの願い

スポンサーリンク

私たち抜きに法律を決めないでください

性行為映像作品出演被害当事者

「AV出演対策委員会」

多くの被害当事者は、既存の支援団体につながることができていません。現在行われている被害者支援は、「強要」被害を訴える被害者を救うサービスを提供していますが、アダルトビデオ(AV)を含む性的画像記録出演に関する被害者の多くは、強要されていない、自らすすんで従事していると自覚しているからです。支援につながることができない認知の問題も大きく、「トラウマの再演」や「性的自傷」「関係性の依存」を搾取されているなど、種々の事情を抱えています。既存の支援のやり方では、本当に支援が必要な人が助かりません。現在、性行為映像作品出演被害の防止等に関する法律が審議中です。私たち被害当事者は、2022年3月25日に4万超のAV契約取引権に関する署名を各省庁に提出しました。法律審議の際に、実際の被害当事者の話を聴いて、本当に困難な状況の当事者を救うことができる法律にして下さい。

スポンサーリンク

①スカウト全面禁止

スカウトは、「人身売買」「人身取引」「搾取」です。スカウトが関係性依存の「搾取」を行い、言葉巧みに業界に招き入れる行為を禁止し、自ら志願した人だけと契約してください。
逆境サバイバー、性暴力被害者、DV被害者、家出人などは、容易に関係性の依存を発症します。発達障害、ASD、ADHD、LD、境界知能、知的障害のある人なども、悪意を察知することが苦手です。契約を適切に理解できない人と契約してはならないという規制が必要です。

スポンサーリンク

自ら志願した人に関しても、上記の特性及び、複雑性PTSD、性化行動、性的自傷、トラウマの再演により、自ら進んで傷つく体験を求めて行動することが、精神科医療の研究では、明らかにされています。契約時に、逆境サバイバー、性暴力被害者、DV被害者、家出人などは、容易に関係性の依存を発症します。発達障害、ASD、ADHD、LD、境界知能、知的障害、逆境体験、DV、性暴力被害者と契約してはいけないという縛りが必要です。
スカウトを条例だけではなく、時間をかけてでも、刑法で禁止することが必要です。

撮影に第三者が入り意志を確認して撮影を止めさせることができる「インティマシー・コーディネーター」を必須にする必要があります。

スポンサーリンク

②まず医療と福祉につなぐ
複雑性PTSDの症状でAVを志願する人は、AV出演ではなく、医療へ繋ぐ必要があります。自身のトラウマの再演に気づかず、撮影を行った場合に、さらなるトラウマを負い、複雑性PTSDの症状が悪化し、自死に至る危険性があります。経済的困難を理由に志願する場合は、各自治体の福祉支援に繋ぐことを出演よりも優先しなければいけません。認知の問題などで公的福祉支援を受ける手段を知らない人、各自治体に窓口での対応の不作為から福祉につながることが自身でできない人たちも多く、支援が必要です。

スポンサーリンク

③トラウマインフォームドケア
複雑性PTSDに気づかず出演した場合、トラウマ再演による更なるPTSD悪化の可能性が高くトラウマインフォームドケアが必要となります。また、契約時に問題が発見できなかった人も、性行為を行う撮影で、容易にトラウマやPTSDを発症することが、臨床的に明らかになっています。トラウマケアは、現在、保険適応ではないため高額で、治療が必要でも貧困から治療につながれない人も大勢います。トラウマ治療の保険適応化が急務です。

スポンサーリンク

④医療機関、支援機関、自助グループにつながる必要がある
アダルト作品に出演を希望する人の多くは、孤立していて、相談すべき友人や人間関係がありません。契約と撮影前の一定期間契約が保留できる際に相談機関と医療機関、自助グループに繋ぐ必要があります。

スポンサーリンク

⑤細かいシーンひとつひとつに説明と同意が必要
業務内容の事前詳細説明がないと、現場でアドリブや同調圧力でやりたくない行為に対しても強要が起きます。インティマシー・コーディネーターを必須にする必要があります。

スポンサーリンク

⑥常に医療と連携が必要
撮影現場では拒否権の行使を困難にさせる圧力があり、かつ出演者の多くは、発達特性や虐待の後遺症により、断ることやNOを主張することが苦手な人が多いため、断りにくい特性があることへの配慮、ケアが必要です。
インフォームドトラウマケア、自助グループ、カウンセリングで、従事した人の健康管理が必須です。現実問題として、AV女優は、孤立させられているので、横の連携が難しく、自助グループがほとんどないのも課題です。

スポンサーリンク

⑦いつでも取り消せることが必要
撮影、販売を解約できる期間の根拠が不明です。期間を設けず、いつでも解約できることが必要です。撮影により健康被害が発症することは、臨床で明らかになっています。いつでも永遠に取り消せるシステムが必要です。

スポンサーリンク

⑧犯罪フィクションのコンテンツを禁止する
性的コンテンツから性犯罪を誘発することは、警察庁の発表でも明らかになっています。
・痴漢
・レイプドラッグ
・スワッピング
・3P、4Pなどの乱交
・権力勾配によるグルーミング
・口淫
・肛門挿入
・異物挿入
・凌辱(顔射、ぶっかけ)
・ハードSM
・輪姦
・レイプ
・女子高生
・ナンパ
・近親相姦
・マッサージ店でのレイプ
などを禁止して下さい。

スポンサーリンク

⑨適正AVへの規制だけでなく、個人配信、同人AV、イメージビデオ、着エロコンテンツにも適応範囲を広げる
適正AV(AV人権倫理機構管理下)だけへの措置ではなく、同人AV、個人ライブ配信の方が市場規模が大きく、小中学生も搾取されているために、確実にプラットフォーム規制が必要です。
アルコール販売規制と同様の未成年へのサービスの提供および個人、同人AVでの採用に厳しい罰則で被害を防いで下さい。着エロ・イメージビデオと呼ばれるコンテンツは、未成年が従事させられていて、取締る法律が、現状ありません。放置してはいけない問題です。

スポンサーリンク

⑩本番行為、粘膜接触の禁止、他のヘルスサービス的性交類似行為の禁止
本番行為、粘膜接触は、心身ともに後遺症が大きく、性的感染症の危険性があります。絶対に禁止にすべきです。
妊娠や性病リスクについて、避妊具を使わない「ナマ出し」ものの強要があり、コンドームの徹底、
集団性交の禁止が必要です。3P、スワッピング行為で正しくコンドームが使用されていません。
本番行為以外にも、他のヘルスサービス的な性交類似行為による苦痛とトラウマはとても大きく、出演者を生涯にわたり苦しめ続けています。
同時に、プロモーション、ファンサービスの一貫で、性売買を斡旋することを禁止して下さい。
AV(現状挿入あり)に限定せず、いわゆるズリネタにされる性的画像記録、映像物は、出演者にとって、デジタルタトゥーとしての被害が甚大です。出演者の消したい過去になりうるものへの規制が必要です。

スポンサーリンク

性行為映像作品出演被害の防止等に関する新法は、急いで成立させる必要がありますが、性的画像機録に関しての解決が必要な細かい問題はとても多いことから、新法を成立して終わりではなく、支援も含めて、継続的に内容を充実させていく必要があります。

https://childrenrightsnews.blogspot.com/2022/04/blog-post.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

女の敵は女😱😱😱

コメント