sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

頭から角!!?オーストラリアの釣り人が奇妙なマグロを捕獲

   

頭から角!!?オーストラリアの釣り人が奇妙なマグロを捕獲

オーストラリア沖で奇妙なマグロが釣り上げられる

まるで伝説の生き物ユニコーンのような立派な角 - オーストラリア、グレートバリアリーフ近くの海で非常に奇妙なマグロが釣り人によって捕獲された。

捕獲されたのマグロの額の中央からは、なんと白色の長く伸びた“角”が突き出ていたのだ。

このマグロを捕獲したのはベテラン釣り師のKim Haskellさん(62歳)彼と彼の家族はこれまでこのような魚を見たことはなく、初めてだという。

Kim Haskellさんはオーストラリアで果物農家をしている。この日は彼の兄Jamieそして甥のChristopherとともにクイーンズランド沖のサンゴ礁に釣り旅行のため訪れていた。しかし、その釣り旅行中彼らは驚くべき生物を捕獲したのだ。

それがこの額の中央から白色の角のようなものが飛び出ているマグロである。彼らは、この生物の捕獲に動揺しながらも写真を撮影、「tunicorm」(Tune+Unicornの造語)と称してSNSに投稿した。すると、その投稿はたちまち拡散され、現在話題となっている。

彼らによると、捕獲した場所は陸地からグレートバリアリーフを通りすぎて100キロほどの海域であり、このマグロの頭に埋め込まれていた角のような部位は、メカジキやマカジキ、バショウカジキなど頭部にある“吻”に似ていたという。

はたして、どのような経緯でカジキの吻が頭に突き刺さったのか。そして、なぜ吻が刺さっているにもかかわらず生きることができていたのかは不明だ。

この後、Kim Haskellさんら三人は相談しこのマグロをリリースしたのだが、すでに弱ってしまっていたため、血の臭いを嗅ぎつけて集まってきたサメに食べられてしまったという。

http://aqua2ch.net/archives/40890277.html

>リリースしたのだが、すでに弱ってしまっていたため、血の臭いを嗅ぎつけて集まってきたサメに食べられてしまった

かわいそう( ;∀;)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物