朝日新聞「炎天下での運動やめよう!炎天下での部活を止める勇気を持て!!!」→「でも甲子園は金になるから辞めへんでー」ダブスタすぎて炎上

朝日新聞「炎天下での運動やめよう!炎天下での部活を止める勇気を持て!!!」→「でも甲子園は金になるから辞めへんでー」ダブスタすぎて炎上

朝日新聞「炎天下の運動やめよう」記事炎上でも甲子園は別!?

またもや朝日新聞のダブルスタンダードがネット上で物議をかもしている。炎天下での部活を止める勇気を持てとの記事を出しているが、自らが主催する夏の甲子園はどうなんだ、という疑問の声が上がっているのだ。心ある朝日の記者たちは、自社のスタンスをどう考えているのだろうか?(ノンフィクションライター 窪田順生)

● 熱中症続出批判するも甲子園は別!? 朝日新聞が放ったブーメラン

先日、「SNSやネットの情報を参考にする層は内閣支持率高め」という「謎調査」を公表して物議をかもした「朝日新聞」が、そのSNSやネットからまたしても叩かれている。

連日のように全国で熱中症の被害が出ていることを受け、《運動部のみんな、熱中症「無理」「もうダメだ」の勇気を》(朝日新聞デジタル 2018年7月14日)という記事を出したところ、「炎天下で子どもたちに野球をやらせておいてよく言えるな」なんて調子で、夏の甲子園を主催していることとの矛盾を指摘する声が多数寄せられているのだ。

「ん、前にもこんなことなかったっけ?」と思う方も多いかもしれない。実は「夏の甲子園」というのは、これまでもたびたび朝日批判の材料にされている。なかでも有名なのが、「日の丸・君が代」論争だ。

2004年春、東京都立高校などの卒業式で、国旗掲揚時の起立や、「君が代」を歌うことを拒否した教職員らが都教育委員会に戒告され、5人の嘱託教員が契約更新を取り消された。当然、「朝日新聞」は噛み付いた。恐ろしい軍国主義の復活だと言わんばかりに社説で痛烈に批判をしたのである。

これぞ左…いや、リベラルという立派な主張だが、ほどなくして嫌なところから茶々が入れられる。ライバルの「読売新聞」が「甲子園では普通のことなのに」(2004年3月31日)と社説でチクリとやったのだ。

ご存じのように、甲子園の開会式では、国旗掲揚と国歌斉唱が行われ、役員や審判だけではなく、丸坊主の選手たちも脱帽し、観客にも起立を呼びかける。

あなたたちが主催している甲子園では、こういうことを当たり前のようにやらせているんだし、子どもに範を示す公立高校の教職員ならきちんとやってもらわないとダメなんじゃないの、というツッコミが寄せられたのだ。

● 「甲子園」は朝日が大嫌いなはずの 軍国主義そのもの

今なら「またブーメランかよ」なんてお祭りになりそうだが、当時はまだ「従軍慰安婦」の問題もなく、そこまでアンチもいなかったので、朝日も超強気だった。

「甲子園とは話が違う」(同年4月2日)という社説をぶちまけ、「日の丸を美しいと思う心は、強制して育てるものではない」「現に起立も斉唱もしない観客はいるが、だからといって退場を求めることなどありえない」と猛反発。さらに、その10日後には「頂いた意見のほぼ6割は朝日社説を支持」と“勝利宣言”までしている。

ただ、どういう言い訳を並べようとも、「甲子園」や「高校野球」というものが、「朝日新聞」が憎んでやまぬ「軍国主義」の影響を色濃く受けていることは疑いようがない。それは心ある朝日記者のみなさんもよくわかっている。

たとえば、2008年8月27日の愛知県版では、高校野球の名門校の練習を見学しにきた米国の17歳の少年について報道し、わざわざ「軍隊みたいにきびきびしている」という少年の驚きのコメントを入れた。

また、今年5月8日の記事では、「根性野球」の歴史を振り返り、1960年12月26日の紙面で、スポーツ記者らが座談会で、「四日間、五日間連投して肩がつぶれてもいいという気持ちでないと高校野球の魅力はなくなる」と語っていたことや、「学生野球の父」といわれた飛田穂州が、「ベースボールの神髄は?」と質問されて、「それは気魄(きはく)だ」(朝日新聞1964年3月2日)と即答したと紹介している。

「強制ではない」と言いながらも、無言の圧力で「丸刈り」に揃えられた子どもたちが、軍隊のような厳しい練習で追い込まれる「根性野球」を強いられ、その晴れの舞台では、「日の丸」を仰いで、君が代斉唱まで求められている。

自分たちで主催をしていなければ、「軍国主義の復活だ」と噛み付いているのは間違いない。「栄冠は君に輝く」なんて美辞麗句で飾り立てて、世間の目をうまいことそらしてきたが、実は「夏の甲子園」というのは、「朝日新聞」という報道機関がはらんでいる「ダブルスタンダード」という致命的弱点を、これ以上ないほどわかりやすく体現したものなのだ。

● 5月に開催したシンポジウムで 姑息な「リスクヘッジ」か

もちろん、そんなことは朝日新聞社の幹部たちもよく分かっているので、あの手この手で「夏の甲子園」と、自分たちの言論活動に整合性がとれるように、涙ぐましい努力をされている。

今回の「お前らが炎天下で運動するなとか言うな」という批判もしかりで、彼らなりにちゃんと先手を打っている。

それが5月27日に朝日新聞社主催、日本高等学校野球連盟後援で開催されたシンポジウム「スポーツと熱中症」だ。ここでは、日本高野連会長が基調講演を行い、理学療法士の待機などの対策のほか、今年から延長13回以降はタイブレーク制を導入したなど、「熱中症が起こらない高校野球」を目指す取り組みを紹介している。

また、冒頭の熱中症記事を執筆された中小路徹編集委員がコーディネーターを務めてパネルディスカッションが行われているのだが、そのやりとりを見ると、どうにも「主催者に対する忖度」があるのではと感じてしまう。

たとえば、中小路編集委員が、「夏の甲子園など、炎天下で試合をすることを変えられないかという質問が会場の皆さんから来ています」と水を向けると、元巨人軍の仁志敏久氏が「なかなか変えにくい。相当な反発もありうるので、その辺は難しいところです」と火消しにかかり、ほどなくすると今度は元ラグビー日本代表の大畑大介氏が「夏は危険、ダメではなく、置かれた環境にしっかりと対応することが大事だと思います」と述べているのだ。

いずれにしても、このシンポジウムや、それを報道した記事というものが、「お前らが炎天下で運動するなとか言うな」という批判に対する「反論」として、朝日新聞社と高野連が用意したものだというのは明らかであろう。

体罰やイジメ、炎天下での突然死など、年を追うごとに前近代的な「根性野球」への風当たりも強くなってきているが、朝日新聞からすれば、「夏の甲子園」というキラーコンテンツは絶対に死守しなくてはいけない。そこで、「でも、私たちは熱中症対策はしっかりやってますからね」という情報戦を仕掛けることで、どうにかリスクヘッジをしようとしているのだろう。

● 朝日新聞に提案したい 甲子園の抜本的見直し

ただ、企業の報道対策アドバイザーとして言わせていただくと、焼け石に水的な対症療法だと言わざるをえない。今年の猛暑はそれで何とか乗り切れるかもしれないが、「教育現場の危険」「子どもへの強制」「軍国主義」などというワードに脊髄反射で反対の声を上げる「朝日新聞」の言論と、いずれ決定的な破綻が生じるのは目に見えているからだ。

そこで提案だが、ここで思い切って「夏の甲子園」というものを根幹から見直すというキャンペーンを仕掛けてみてはどうだろう。

先日も、オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が行った調査で、「日本の有力紙のなかで信頼度が最下位」という衝撃の結果が出たように、今、朝日新聞は逆風にさらされている。

「それは安倍信者が」と言うかもしれないが、ここまで人心が離れているのは、野党のみなさんと一緒で、他人の批判はこれでもかと饒舌なのに、自分に対する批判には途端に歯切れが悪くなったり、名誉毀損をちらつかせたりという「ダブルスタンダードの罠」にハマっていることも大きい。

そこで「夏の甲子園」の商業主義、感動の押し売りなど負の部分を調査報道で浮かび上がらせれば、「自社のキラーコンテンツをここまで厳しく批判するなんて、朝日のジャーナリズムはポジショントークじゃなかったのね」と見直されるのは間違いない。

では、どんな調査報道をすべきか。筆者はジャーナリストではないのでよく分からないが、やはり甲子園好きのおじさんを集めてシンポジウムを開くなどのお茶を濁すようなやり方ではなく、「当事者」たちへの徹底取材をすべきだろう。そう、高校生たちである。

秀逸な記事が30年前の日本経済新聞(1989年8月12日)にある。《「高校野球」美化するのは大人だけ》として、「どうして野球だけあんなによい待遇を受けるのか」「高校野球を『すがすがしい』とか『清い』といった言葉で形容するのは、信じられない」など、高校生たちの肉声が掲載されているのだ。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

日本の気候もこんだけ変わったのだから、少なくとも夏に開催するのはやめるべきよね(;・∀・)

コメント