【八ッ場ダム】朝日新聞が見つけてきた「ダム推進派でも反対派でもない」専門家の著書がこちら

スポンサーリンク

八ツ場ダムの効果称賛、専門家は疑問視「冷静に検証を」

スポンサーリンク

記録的な大雨をもたらした台風19号で、試験貯水中に満水となった八ツ場(やんば)ダム(群馬県長野原町)の治水効果をめぐり、称賛と批判が渦巻いている。こうした状況について、治水の専門家の今本博健・京都大名誉教授(河川工学)に話を聞いた。

スポンサーリンク

台風19号に関する八ツ場ダムの治水効果は今後、データをそろえ冷静に検証する必要がある。私たちは洪水と共存しながら人命を守っていかなければならない。私はダム推進派でも反対派でもないが、効果を過大評価せずに見つめていかなくてはならないと思う。

今回は試験貯水中で、たまたまダムの容量に通常以上の余裕があった。

スポンサーリンク

ダムが運用中なら下流の利水のために容量の余裕は少なく、7500万立方メートルの水が来れば緊急放流となっていただろう。

国土交通省の予想を超え、今回も緊急放流がたくさんの場所(5県6カ所)で実施された。堤防強化など治水ではあらゆる対策が考えられ、ダムも一つの選択肢だが、計画以上の水が来ると下流に流すしかない欠点があり、造るのに金もかかる。さらに、本当に洪水を抑えようとするならもっと多くのダムが必要になる。

スポンサーリンク

八ツ場ダムに利根川水系の流量を調節する効果がないことはない。ただ、広大な利根川水系で上流の八ツ場ダムが、遠く離れた下流域の水位を下げるのにどれだけ効果があったのかは疑問視される。

治水対策はこうした様々な条件や手段を検証し、費用、時間、効果で優先順位を決め、住民の命を守るにはどうすればいいかを考えるべきだ。

https://digital.asahi.com/articles/ASMBJ6F0GMBJUHNB01Q.html?pn=5

スポンサーリンク

 

sakamobi
sakamobi

私はダム推進派でも反対派でもないが、ダムが国を滅ぼすと思っている(真顔)

😱😱😱

 

コメント