【芸能】有吉弘行、みちょぱ大好き問題

スポンサーリンク

有吉弘行、みちょぱ大好き問題!共演増のワケは“黒ギャル信仰と束縛愛”!?

スポンサーリンク

卓越したトーク力でバラエティに引っ張りだこの“みちょぱ”こと池田美優(21)。藤田ニコル(22)やゆきぽよ(23)といったギャルタレントたちの中でも、今年4月2日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「みちょぱスゴイぞ芸人」なる単独の冠企画が放送されるなど、随一の“芸人ウケ”を誇っている。

スポンサーリンク

前述の『アメトーーク!』には、オアシズ・大久保佳代子(49)、陣内智則(46)、ずん・飯尾和樹(51)、かまいたち(山内健司/39、濱家隆一/36)といった多数の人気芸人が出演し、「同じ言葉を2回使わない」(陣内)、「ノリがちょうどいい。ジジイを転がしている感を見せずに、アシストができる」(大久保)とこぞってみちょぱの抜きん出たバラエティ対応能力を褒めたたえた。

スポンサーリンク

■「みちょぱが仕事をしやすい芸人」ベスト3は?
番組後半にはみちょぱ本人がスタジオに登場し、「みちょぱが仕事をしやすい芸人」ベスト3を発表。栄えある第1位には、数々のバラエティー番組で共演してきた有吉弘行(46)の名を上げ、「師匠みたいなもんです」とリスペクトを込めてコメントしている。

みちょぱから指名を受けた当の有吉はといえば、以前から大のギャル好きを公言。中でも、みちょぱのようにこんがりと日焼けした“黒ギャル”がタイプだという。

スポンサーリンク

■有吉の“みちょぱびいき”が止まらない!「結婚してほしい」の声も
「前々から視聴者の間でも有吉の“みちょぱびいき”が指摘されていましたが、 最近放送された『有吉クイズ』(テレビ朝日系)でも息ぴったりのかけ合いを見せ、SNS上では “有吉は本当にみちょぱ好きだなー”“結婚してほしいレベル”とゴールインを望む声まで上がっていました。

スポンサーリンク

また、6月28日放送の『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)では、有吉が最近みちょぱの肌が白くなったことにクレームをつけ、“俺、もうマジで怒り抑えてるからね!約束違うじゃない?一生黒ギャルって約束でしょ~”とモラハラ&束縛彼氏ばりに怒り出す始末。しかし、後日放送でみちょぱは“有吉に会う前は頻繁に日サロ通いをしている”と明かしており、有吉の好みに合わせようとする健気な姿勢を見せています。

スポンサーリンク

有吉のほうもまんざらでもないと思うのですが、“日サロ足りねえんだよ!茂出木さん(老舗レストラン『たいめいけん』の三代目シェフ)見てみろや”と厳しいツッコミを入れているあたりはさすがですね(笑)」(女性誌ライター)

そんな相思相愛ぶりを裏付けるように、みちょぱと有吉の共演機会は右肩上がりに増えているという。

スポンサーリンク

■みちょぱ大ブレイクの裏で藤田ニコルに打撃!?
「ここ最近は、バラエティを見れば“有吉の隣にみちょぱあり”という感じです。9月5日に放送される『有吉の夏休み2020』(フジテレビ系)にも、昨年に続いてみちょぱが参加しています。

スポンサーリンク

この番組は、有吉が“気心の知れた仲間たち”と夏休みを過ごす様子に密着する毎年恒例のバラエティ特番。タレントたちの素顔がかいま見えることで好評なのですが、昨年もみちょぱと有吉のやりとりが“カップルみたい”と話題を呼びました。普通はタレントがキャスティングまで口出しすることはないのですが、この番組の趣旨に沿って考えれば、有吉のお気に入りであることは間違いないでしょう。制作側も有吉×みちょぱの相性の良さをわかっているだけに、共演はますます増えそうですね。

スポンサーリンク

一方で、みちょぱの台頭で最も打撃をこうむるのは藤田ニコルかもしれません。去年の『有吉の夏休み』には彼女も参加していたのですが、今年はみちょぱが唯一のギャル枠。決して席が多いとは言えない“ギャル枠”を巡る攻防は、より熾烈なものになりそうです」(前同)

ふた回り以上年が離れているとは思えない名コンビぶりを発揮している有吉とみちょぱ。これからも息の合った“夫婦漫才”で視聴者を楽しませ続けてほしい!

https://taishu.jp/articles/-/77203?page=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ギャル好きはキャラでしょ
実際は夏目みたいなタイプが好きそう😆😆😆

コメント