【悲報】アリアナ・グランデさん、「日本人の文化を盗用するな」と批判され日本語のものを全削除

アリアナ・グランデ “七輪”タトゥー騒動で日本愛連投「移住したいと思ってた」

新曲『7 rings(七つの指輪)』を記念して「七輪」と漢字のタトゥーを入れたアリアナ・グランデ(25)。その後、修正したものの「間違っている」という指摘が続いている。そんなアリアナが、責められるが故に日本への愛を明かした。

アリアナ・グランデの日本を愛する思いは日本語の勉強だけにとどまらず、今年1月に公開した新曲『7 rings』のミュージックビデオにも日本語を多数登場させた。先月には新曲リリースを記念して「七輪」というタトゥーを左の手の平の人差し指と中指の下に入れたが、それは「日本のバーベキューグリル」だと指摘を受けてしまった。するとアリアナは「小さなバーベキューグリルも大好きよ」とツイッターで言及し、あまりの痛さに「七つの指輪」というすべての文字を入れることはできなかったと説明した。

その後、アリアナは日本語の先生のアドバイスを受けて「七輪」の下に「指」と「ハートのマーク」を入れて修正したが、このタトゥーも一部の人から「日本のバーベキューの指」「七輪指」と読めてしまうと再び指摘されることになってしまったのだ。

そんなピンチのアリアナを救おうと、「LaserAway」という会社がアリアナにタトゥー除去のオファーの手紙を送ったという。芸能情報サイト『TMZ』によると、アリアナが1年間会社の広告塔になることで、無料で施術を提供するうえ、150万ドル(約1億6400万円)の報酬が支払われるそうだ。

当のアリアナ・グランデは『TMZ』の同記事をリツイートし、「あなたたちみんな、私のことを構わないでいてくれるなら、100万ドルあげるわ」とジョークを投稿。しかしタトゥーに対する批判の声に、アリアナはこのように答えている。

「私は何度もハートの(タトゥー)をしているわ。それから、もっと正確になるように先生の助けもあって直したの。私が漢字の読み書きができないのは明白よ。私にどうしてほしいっていうの? 愛と感謝があったから入れたのに。私に何を言ってほしいの?」

「こういうミスをしても、とりあえずカッコいいから気にしないって人がどれだけいると思う? 私は超気にしちゃうの。私にどうしてほしいの? 何を言ってほしいの? マジで。」

「もうほとほと疲れちゃったわ。笑 人を傷つけたくないの。このアプリ(ツイッター)にいる人たちって人を許したり、純粋なミスをした人に優しくする方法を知らないのよね。みんな自分のことばかりで他の人の気持ちなんて考えないの。無意味よ。だからこの話はもうしない。」

「(文化の)盗用と感謝には違いがあるわ。日本人のファンは私が日本語を書いたり、日本語の服を着るといつも喜んでくれるの。でも、もう日本語が使用されているものは私のサイトから全て削除したわ。」

さらにアリアナ・グランデは、あるユーザーから「グッズなどに日本語を入れたり、CDのカバーに日本語を入れて長年文化の盗用をしてきた」と責められると、「(日本語の)レッスンを受けるのも辞めるわ。日本語の勉強は本当に私に喜びを与えてくれるもので、夢中になってることなの。本気でいつか(日本に)移住したいって思っていたのに。でも、大丈夫。良い一日を」と返した。

アリアナ・グランデは日本語を学ぶことで喜びを感じ、いつか移住したいと考えているほど日本への愛が深いもよう。しかし、今回のタトゥー騒動でアリアナはかなり傷ついてしまったようである。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190205-65926143-techinq

 

sakamobi
sakamobi

外国の文化が好きで真似をする人に「文化の盗用だ!」と怒る人たち、ちょっと気持ち悪いんですけど…(;´Д`)

コメント