深海魚『ハタハタ』の卵の色がヤバすぎる

▼ハタハタの卵について、
ハタハタ(Arctoscopus japonicus、鰰、鱩、雷魚、燭魚、英名:Sailfin sandfish)とはスズキ目に属する魚の一種。別名カミナリウオ、シロハタなど。 日本では主に日本海側で食用にされ、秋田県の県魚である[1]

寿命は5年で体長20cm程になり[2]、水深0-約550m[3] までの泥や砂の海底に生息する深海魚である。

卵塊(卵)の色は、赤、茶、緑、黄など様々である。卵の色素は胆汁色素、カロチノイド類のイドザンチン、クラスタザンチン、ビタミンA2などで構成される。色を決定する要因は十分に解明されていないが、餌の生物に含有されているアスタキサンチンを元に自身が生合成したイドザンチン、クラスタザンチンの量が影響していると考えられる[14]。 (引用:wikipedia-ハタハタ)

(´・∀・`)ヘー

コメント