【週刊文春】「もうアイドルは嫌だ!」 嵐・大野が叫んだ心の声とは

1月27日の記者会見で、2020年いっぱいでの「活動休止」を発表した嵐。リーダーの大野智(38)は「自由な生活をしたいとメンバーに伝え、何度も話し合った」と説明したが、一体、何があったのか。

2016年4月19日、港区西麻布の路地裏にひっそり佇む会員制バー。男性の友人と同店に現れた大野はカラオケを熱唱。BEGINの「島人ぬ宝」などをハイトーンボイスで歌い上げた後、マイクに向かって絶叫した。

「もうアイドルは嫌だ!」

前年の2015年9月、写真誌「フライデー」が大野と十歳年下の元女優Aさんとの2ショットを掲載している。

「Aさんは身長170センチ近くあるモデル系美女。同誌は、二人で岩盤浴に出かけたり、焼肉店でデートする姿を報じました。報道直後、大野は少人数のジャニーズ番記者を集めて囲み取材を行い、『もう会うことも一切ございません』などと宣言させられたのです」(芸能記者)

「週刊文春」が取材を進めたところ、Aさんは前出のバーで店員として働いていたことがわかった。

会見では4人が大野をフォロー

1月31日(木)発売の「週刊文春」では、大野とAさんの関係に加え、二宮和也(35)と元女子アナとの交際、相葉雅紀(36)の“同棲”相手、櫻井翔(37)の“流血事件”など、嵐の活動休止の陰で何があったのか、全真相を詳報する。

http://bunshun.jp/articles/-/10567

 

sakamobi
sakamobi

若い頃からずっとアイドルを続けてきて息苦しさもあったのだろうし、一旦普通の生活に戻ってリフレッシュしてまた帰ってきてもらいたいよね(;^ω^)

コメント