sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

アップルが国家予算レベルの38兆円レパトリ砲を炸裂!

   

アップルが国家予算レベルの38兆円レパトリ砲を炸裂!

米アップルは17日、米国内への投資と雇用を拡大し、今後5年間で米経済に「3500億ドル(約38兆円)を上回る貢献をする」と発表した。第2本社を設けて新たに2万人を雇うほか、データセンターの建設などで300億ドル以上を投資する。発注を通じて米国での部品メーカーの投資を促す。トランプ政権が海外資金の本国還流を促す「レパトリ減税」を実施したのに応えるかたちで、米国内での投資を打ち出した。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「アップルは米国の創意工夫の力を深く信じている。私たちの国や私たちに成功をもたらす人たちに還元する必要がある」との声明を出した。「貢献」には自らの投資や雇用の拡大だけでなく、アプリ開発企業の増加を促すことなども含む。

第2本社は現在の本社があるカリフォルニア州のクパチーノとは異なる場所に建設する計画だ。アップルは現在米国内で8万4千人を雇用しており、さらに2万人増やす。2018年後半に詳細を発表するとしている。このほか、100億ドル以上は米国内のデータセンター建設に投資する。

スマートフォン「iPhone」などの部品発注を通じて米国内の部品・部材メーカーの投資を促す。アップルによれば、米国には9000社のサプライヤーがいるという。既に設けている「先進製造ファンド」の規模を10億ドルから50億ドルに引き上げ、顔認証部品を作るフィニサー(カリフォルニア州)のような部品メーカーが米国内で投資できる環境を整備する。

アップルは発表のなかで、海外滞留資金の本国還流に伴う税金が380億ドルに上ることも明らかにした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25827430Y8A110C1000000/

made in USA になると更にiPhone高くなるな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット