【正論】アパマン社長「日本は休みが多すぎます。年に3日あれば十分ではないでしょうか」

大村社長の父親は「働いて、働いて、そこで死になさい」と指導していた。

「仕事をしていてそこで死ぬのは当たり前だと言ってました。たまに『倒れるまで働いたか?』と聞かれて、『働いてない』と答えると引っ叩かれました。
昔の仕事は身の危険になることが多かったので、それを考えると今のビジネスは優しいものです」

社長の大村浩次は20年以上も4時間睡眠、
早朝5時出社、毎朝の掃除を欠かすことなく続けている。

「日本は休みが多すぎます。年に3日あれば十分ではないでしょうか」

http://kigyoka.com/news/magazine/magazine_20170420_9.html

 

やっぱブラックだからああいうことするんやろね…(;・∀・)

コメント