【札幌爆発】アパマンショップ従業員「スプレー缶100本に穴を開けて湯沸かし器をつけたら爆発した」

北海道札幌市内で16日夜、居酒屋などが燃え42人がケガをした爆発事故で、居酒屋の隣の不動産仲介会社の従業員が「スプレー缶100本以上に穴をあける作業をした後、爆発した」などと話していることがわかった。

警察や消防は、現場検証を行い事故の原因を調べている。

爆発があったのは札幌市豊平区平岸3条8丁目で、居酒屋などがある繁華街の一角。現場には居酒屋のほか、不動産仲介会社があったが、居酒屋は倒壊し、不動産仲介会社の建物は跡形もない状態となっている。

その後の捜査関係者への取材で、不動産仲介会社の従業員が「スプレー缶100本以上に穴をあける作業をした後、手を洗うために給湯器を使おうとしたところ爆発した」などと説明していることが新たにわかった。

警察によると、この爆発によるケガ人は1歳から60代の合わせて42人にのぼる。

警察や消防は、現場検証を行い、爆発が起きた原因の特定を急ぐ方針。

札幌で起きた爆発事件 不動産会社の従業員が「スプレーに穴あけ」 - ライブドアニュース

 

入居時に取られる「除菌消臭費用」で使われるスプレーだろうな。結構な費用取られるけど、実態は担当社員が部屋に消臭スプレーシューって撒くだけってことね(;・∀・)

コメント