sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【ぼったくり】アパホテルがホテル不足に便乗、料金を3倍に値上げ!都内に宿泊できなくなった出張族から批判殺到

   

【ぼったくり】アパホテルがホテル不足に便乗、料金を3倍に値上げ!都内に宿泊できなくなった出張族から批判殺到

円安の影響もあって、訪日外国人の数が飛躍的に増加しています。

今も中国が春節の連休中ということで、たくさんの中国人観光客が来日中ですよね。

街中、中国語ばかり聞こえてきますよ!

連中、声でかいから(笑)

もちろん人数もすごいんですが、その増加ペースが圧倒的なんですよ!

もう異常と言ってもいい。

だって2011年には約620万人だったものが、15年には約1970万人と3倍以上になってるんですよ!

そりゃホテルだって足りなくなりますよね(笑)

今までは「爆買い」に代表されるようなプラス面ばかりが強調されていましたけど、だんだんと「ホテル不足」とそれによる「ぼったくり」という深刻な問題が浮き彫りになってきてるんです。

アパホテルの価格戦略

こうしたホテルの値上げに関連して、インターネットや雑誌などのメディアで大きく取り上げられているのがアパホテルです。その内容は概ね「普段は1万円もしない部屋が週末や大雪などの天候により、3万円程度にまで引き上げられる。部屋もサービスも同じなのに、3倍という価格差は大きすぎる。3万円は、一流のシティホテルにも泊まれる価格だ」といった内容です。

こうした価格戦略は、一般にはレベニュー・マネジメントもしくはイールド・マネジメントと呼ばれています。直訳すると収益管理となりますが、より具体的には収益の最大化を目指して当初の需要予測と現在の実績とを比較し、商品およびサービスの供給量や価格を柔軟に変更する管理手法と捉えることができます。ホテルの客室、およびレストランや航空機の座席の数は固定化されているため、こうした業界において価格を重視したアグレッシブなレベニュー・マネジメントが展開されることは必然の結果といえるでしょう。

レベニュー・マネジメントといわれると、何か新しい手法のようにも感じてしまいますが、クリスマスやお正月料金など、日本においても古くから一般的な料金体系として存在していました。ところが、ITの進展を受け、さまざまな情報を迅速に収集・処理・発信できるようになったこと、また多くの業界において競争が激化しているといった背景のもと、きめ細かく、かつ大胆なレベニュー・マネジメントが一般化してきているように思えます。ホテルの場合、同じ平日でも月曜日は安く、さらに、その価格差は最も高い休前日の半額といったケースもよく見かけます。

アパホテルの場合、通常、上限は正規料金の1.8倍と決められており、価格の上げ下げの裁量は各ホテルの支配人に与えられているようです。こうした条件のもと、稼働率×平均客室単価を最大化させることが支配人の腕の見せ所となるわけです。

一方、同じく大手のビジネスホテル・チェーンである東横インなどでは、あまり大きな価格差は見受けられず、レベニュー・マネジメントの積極的な導入に関しては各ホテルでまちまちの状況であるといえるでしょう。

レベニュー・マネジメントのメリット、デメリット

今回のアパホテルのレベニュー・マネジメントはもちろん違法行為ではなく、利益最大化に向けた正しい行動ということもできるでしょう。筆者は以前からホテル予約サイトで、カプセルホテルやシティホテルを除けば、どのホテルも満室の中、アパホテルだけ空室があるという場面に幾度も遭遇していました。もちろん、価格はもはやビジネスホテルとはいえないレベルでした。けれども、なんら嫌悪感を抱くことなく、むしろ「アパホテル、すごいな」と感心していたほどです。しかし前述の通り、実際にこうしたアパホテルの価格戦略に対して批判的な人は少なくないようです。

今回の事例を見ると、欧米を中心に広く行われてきたレベニュー・マネジメントは、比較的ドライであると考えられる欧米人に対してはうまくいっても、細かいことが気になる、また心情が意思決定に大きな影響を与える日本人に対しては、何かしらのカスタマイゼーションが重要になってくるのかもしれません。

http://biz-journal.jp/2016/02/post_13679.html

皆さんはどう思いましたか?

  1. 需給があるから商売としては当然のことだ。
  2. でもいくらなんでも同じサービス3倍は足元を見ている!ぼったくりだ!

僕はですね、これはぶっちゃけ「1、当然だ」と思ってます。

アパホテルのおばちゃん社長に同情的なんですね(笑)

だってもしあなたが無人島でミネラルウォーターを売っていたら100円で売りますか?

もし「100円で売る」というのなら、人間的には素晴らしいかもしれないですが商売のセンスはゼロですね(笑)

で、実際にコレって困ってるのは出張族の人だと思うんですよ。

出張は仕事で“行かされる”ものだし“頻度”も高いから。

そもそも旅行の人が文句いっていい問題じゃないですよね。

そんなもんは「物価」だと思って我慢してもらうしかない(笑)

でも出張の場合は仕事として強制的にきてるし、会社では出張旅費って決まってるので、ホテル代が暴騰してしまうと会社から支給される旅費の範囲で払えなくなっちゃう。

ここが問題なんですよね。

もちろん自腹で補填できればどんな高級ホテルにだって宿泊できるけど、それは実際問題そんなこと出来ないですから仕方なく仕事場から遠く離れた埼玉や神奈川のホテルに泊まるしかない。

「ふざけんなアパホテル!」となる。

サラリーマンの怒りの矛先があの薄毛のおばちゃん社長のほうに向いちゃうんですね(笑)

だけどちょっと待ってください。それふざけてるのはアパホテルですか?って話しなんですよね。

こういう状況になったのであれば、まず各企業が出張旅費規程を変更する。

つまりもっと高額なホテルに泊まれるようにするのが筋なんじゃないでしょうかね?

僕はそう思うんですよね。

思考の問題だと思います。

文句を言うのなら「アパホテルに」ではなく「社長に」ってことですね(笑)

これでアパホテルに非難が殺到するようじゃ、デフレ脱却なんて一生無理だと思いません?

 - ニュース