【速報】あおり運転石橋、懲役18年の判決 危険運転の罪認める

あおり運転事故裁判 懲役18年の判決 危険運転の罪認める

神奈川県の東名高速道路であおり運転をきっかけに家族4人が死傷した事故をめぐる裁判で、横浜地方裁判所は、被害者の車の進路を4回にわたって妨害した行為や車道上に車を止めた行為の結果、追突事故の発生の危険が高まったとして危険運転の罪を適用し、被告に懲役18年を言い渡しました。

去年6月、神奈川県の東名高速道路であおり運転を受けて停車したワゴン車が後続のトラックに追突され、萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)が死亡し娘2人がけがをしました。

福岡県中間市の無職、石橋和歩被告(26)があおり運転の末に事故を引き起こしたとして危険運転致死傷などの罪に問われました。

これまでの裁判員裁判で検察が「危険な妨害運転を繰り返した執ようで悪質な犯行だ」として懲役23年を求刑したのに対し、弁護士は被告が車を止めたあとに事故が起きているため運転中の行為を処罰する危険運転の罪は適用できないとして、この罪について無罪を主張していました。

14日の判決で横浜地方裁判所の深沢茂之裁判長は、萩山さんの車の進路を4回にわたって妨害した行為が危険運転にあたると指摘したうえで、車道上に車を止めた行為などで追突事故の発生の危険が高まったとして危険運転致死傷の罪を適用できると判断しました。

そのうえで、「被告の行為は交通量に照らすと、生命身体に対して極めて危険性が高く、結果は重大だ」として石橋被告に懲役18年を言い渡しました。
判決の言い渡しのあと、石橋被告は、裁判長から「内容はわかりましたか」と尋ねられると「はい」と答え、遺族のほうに目を向けることなく法廷をあとにしました。
傍聴希望者 約700人
石橋被告に対する判決の言い渡しを傍聴しようと、横浜地方裁判所には大勢の人が訪れました。

裁判所によりますと、41の傍聴席に対し682人の希望者が並んだということで、抽せんの倍率は16倍を超えました。
友香さんの友人「被告 許せない」
亡くなった萩山友香さんの高校時代の友人だという女性は「検察が求刑したとおりの刑が決まるところを直接見たいと思って傍聴にきました。被告が反省しているのなら刑を受け入れて罪を償ってほしいです」と話していました。また女性は、「なぜいま彼女がこの世にいないのかわかりません。被告のことが本当に許せないです」と涙ながらに話していました。

エラー|NHK NEWS WEB

 

「(懲役)2年もあり得る」なんて専門家も言ってたくらいだから、まあ頑張った方やろね(;・∀・)

コメント