【速報】庵野秀明がエヴァも作らずウルトラマン撮っていることが判明!ビルを壊すぞ地響き立てる。

庵野秀明『シン・ウルトラマン』発動!! 西島秀俊、斎藤工、長澤まさみ…超豪華キャスト!

「噂のビッグプロジェクトがいよいよ動き出すそうです。順調に行けば、クランクインは10月、遅くとも11月にはという話です」

映画関係者が話す“ビッグプロジェクト”とは、庵野秀明氏(59)が監督を務める映画『シン・ウルトラマン』のこと。その話題作の製作がいよいよ、本格スタートするというのだ。

庵野監督といえば、2016年夏に公開され、興行収入82.5億円の大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』でメガホンを取ったことでも知られる。

「庵野監督は『シン・ゴジラ』で総監督と脚本を務めました。庵野監督は『シン・ゴジラ』の脚本作りでも細部に徹底的にこだわり、政府官邸での政治家と官僚の閣議などリアリティを追求。ゴジラの戦闘シーンなどのCGのクオリティも圧倒的で、公開されるやいなや、“めちゃくちゃ面白い!”と口コミが広がり、約4か月上映されるロングランとなり、大ヒット作になりました。

第40回日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀監督などなど、数々の賞も受賞しました。庵野監督は当然、『シン・ウルトラマン』でも徹底的にこだわり、素晴らしい作品にしてくれると思いますよ」(前出の映画関係者)

庵野監督は、大阪芸術大学在学中に本人主演・監督で『ウルトラマン』の8ミリ映画を自主制作したほど大ファンとしても知られる。

「庵野監督にとっても、思い入れの強い作品になるのは間違いないでしょうね。キャスティングに関しても、庵野監督の強いこだわりが反映されるようで、今、名前が聞こえてきているのは、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)で改めて注目を集めた西島秀俊(48)、『シン・ゴジラ』にも短時間ですが自衛官役で出演した斎藤工(37)、さらに、ヒロインには長澤まさみ(32)の名前が挙がっています。

『シン・ゴジラ』は、“現代にゴジラが出現したらどういう事態になるのか”という設定でしたが、『シン・ウルトラマン』は、往年の初代ウルトラマンの世界が再現されるのでは、と言われています。そうなると、西島は科学特捜隊日本支部の隊長役、斎藤がウルトラマンに変身するハヤタ隊員、長澤は科学捜査隊唯一の女性隊員役を演じるのかもしれませんね。

また『シン・ゴジラ』には300人を超える俳優、女優が出演していました。前田敦子(28)は一瞬しか映らない避難民役を演じていましたが、今回も、そうした有名俳優の豪華なチョイ出演も注目ポイントでしょうね」(前同)

■庵野監督のこだわりが詰まった『ウルトラマン』最新作
庵野監督には、1995年からのライフワークとなっている『エヴァンゲリオン』シリーズがある。その新劇場版『エヴァンゲリオン』全4部作の完結編にあたる『シン・エヴァンゲリオン劇場版●』(※●=:|| 音楽記号のリピート=以下、『シン・エヴァ』)が、2020年6月に公開されることが先日、明らかになったのだ。

一作一作への強烈な思い入れで知られる庵野監督だけに、『シン・ウルトラマン』で『シン・エヴァ』の公開の遅れなどの影響も懸念されそうだが、

「『シン・エヴァ』については、封切りまでのめどが立ったのでしょう。だからこそ、来年6月公開発表、そして『シン・ウルトラマン』の10月か11月のクランクインというスケジュールが出たのではないかと。国内でクランクインするようですが、このタイミングでの撮影だと、『シン・ウルトラマン』の公開は2021年、もしくは2022年の年初あたりになるのではないでしょうか」(同)

来年6月に迫った『シン・エヴァ』、そして『シン・ウルトラマン』と、アニメ&特撮ファンには目が離せない作品の完成が今から楽しみだ!

https://taishu.jp/articles/-/67311?page=1

sakamobi
sakamobi

大人になって子供の頃大好きだった作品を自分で作れるなんて羨ましいわ😊😊😊

コメント