「中田英寿さんと性交渉の相手を…」杏の母が前事務所めぐり主張

スポンサーリンク

セクハラ被害に不倫関係!? 「杏」実母、骨肉裁判で信じがたい話を次々と“暴露”

スポンサーリンク

東出騒動の陰で、杏(34)は実母の由美子さんを相手にした骨肉裁判を戦っていた。経緯は前記事「杏が苦悩する実母との骨肉裁判 “母は霊能者に心酔”“自分の稼ぎで借金返済”の主張」に詳しいが、由美子さんが代表をつとめる個人事務所からの退職をめぐるものだ。一方、杏は母が女性霊能者に心酔しているなどと主張。裁判の過程で由美子さんは、不必要と思えるような「暴露」も行っている。

スポンサーリンク

例えば、「訴状」や由美子さんの「陳述書」の中にはこんな表現が。

杏がモデル事務所に所属していた際には、

〈被告と事務所関係者の男女交際関係が悪化した〉

ことがあり、

スポンサーリンク

〈前事務所のマネージャーは、以前から杏にセクハラ、パワハラをし、元サッカー選手の中田英寿さんと性交渉の相手をさせようとしたり(中田氏は紳士的な対応で未遂に)、ギャラの支払いもおかしく、そのような経緯があり、困難極まりない芸能界での事務所移籍を決意しました〉

移籍の経緯を述べるのに結び付けて、にわかには信じがたい話を披露しているのである。

あるいは、現事務所のトップコートに移籍した後も、

スポンサーリンク

〈たびたび被告の男女交際の問題が発生したが、原告は、被告の芸能活動に支障が出ないよう代表取締役として事態の収拾に力を尽くし、また娘の人生を幸せにするために母親として被告を支えてきた〉

まるで、娘は発展家だと言わんばかり。

スポンサーリンク

極め付きは以下の部分で、「霊能者」に頼っていたのは杏自身だったということを主張するために、

〈被告はコンサルタント(=「霊能者」)に対して、恋愛、交際相手の暴力、結婚、子どもを作るべきか否か、不倫問題等についても、逐一報告及び相談をしていたものである〉
としている。

スポンサーリンク

付言すれば、これは東出と結婚する前のことだから、素直に取ると、杏には妻子ある「元カレ」、あるいは、暴力を振るう「元カレ」がいたと言っていることになる。そして、由美子さんの求めで、「霊能者」サイドも、杏から受けた恋愛などの「身の上相談」メールを証拠として裁判所に提出している。

スポンサーリンク

杏側はこれに対し、「プライバシー侵害だ」として第三者による閲覧の制限を申し立て、裁判所も認めたため、これらの中身が外部に出ることはないが、娘にとって、母が「凶器」とも思えた瞬間ではないだろうか。

東出との交際についても、

スポンサーリンク

〈二人が会うためのホテルを原告名義で予約し、チェックイン・アウト等もすべて原告が行っていた〉

と明かし、更に、由美子さんの怒りの矛先は、元夫・渡辺謙にも向けられていく。自らの借金の原因について、

〈真の債務者は渡辺謙である〉

とし、ここでなぜか本件とは無関係の大物俳優の名も出して、

スポンサーリンク

〈渡辺謙は、俳優である北大路欣也氏からも借金をしており、原告が北大路欣也氏の自宅まで借入金を受領しにいったこともある〉

そして、

〈以上のことは、渡辺謙(北大路欣也氏からの借入金については北大路欣也氏)を証人尋問すれば直ちに明らかになることである〉

と、元夫どころか北大路氏にまで出廷要求。ご本人が知ったらイスから転がり落ちるはずだ。

スポンサーリンク

もっとも、由美子さんにとってこうした「暴露」には「前科」がある。かつて渡辺謙との裁判の際にも、

「法廷で若村麻由美さんなど9名の女優の実名を挙げ、夫と不倫の関係にあったと述べたことがありました」(スポーツ紙のベテラン芸能デスク)

スポンサーリンク

もちろんこれらの主張は認められなかったし、実際、本件に名が出てくるモデル事務所や北大路氏などに聞いてみても、「確認できない」「そのような事実はない」などのご回答。一体、この母は何を考えているのか。

当の由美子さんに連絡を取ろうと試みたが、自宅を訪ねても、弁護士経由でも回答は得られないまま。

スポンサーリンク

では、と杏の所属事務所に尋ねてみたが、

「訴訟については事実と聞いております」

と答えるのみであった。

初めて明らかになった母娘の闇。

「本当に仲の良い親子だったんですけどね」

と嘆息するのは、母娘双方と親しいさる芸能関係者。

スポンサーリンク

「和解で終わると思っていましたが、まさか訴訟にまでなるとは。ただ、杏ちゃんがお母さんから離れようとしたのは、時系列で見ると、ちょうど東出さんと付き合い、同棲し始めた頃なんです」

スポンサーリンク

確かに二人の交際発覚は、2014年。そして結婚は15年。杏が事務所を出たタイミングとピタリと合う。

「これまでお母さんを支えることで一生懸命だったのが、結婚や家庭を持つことが現実になるにつれ、母への意識にも変化が生じたのかもしれません」

他方、本件訴訟に詳しいさるジャーナリストはこう感想を漏らす。

スポンサーリンク

「訴訟の中で、由美子さんは、杏が事務所を出ていき、事実上、会社の活動が停止した翌年度も、蓄積から役員報酬を2400万円引き出し、接待費や旅費交通費も500万円以上使っていることが明らかになってます。また、今に至るまで杏名義で購入した港区内の高級マンションに住んでいる。やはり、杏というビッグタレントが生み出す財産を失いたくない、という思いが背景にあるのでは」

スポンサーリンク

尋問を経て、裁判の判決はそう遠くないうちに出る。双方の主張の白黒ははっきり付くが、一度壊れた母娘関係はそう簡単に元へは戻らないだろう。

杏を常に苦悩させる「家族」の迷宮。彼女がその頸木(くびき)を逃れるのは、果たしていつのことになるのだろうか。

https://news.livedoor.com/article/detail/18151660/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

紳士的中田氏😳😳😳

コメント