sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

嫌われ者のアメリカザリガニを食用に せんべい、魚醤 「ザリガニ御膳」まで

   

嫌われ者のアメリカザリガニを食用に せんべい、魚醤 「ザリガニ御膳」まで

 代表的な外来生物で、水辺の生態系に深刻な影響を与えるアメリカザリガニ、略してアメザリ。原産地の米国南部では素揚げがビールのつまみの定番だし、中国でも近年、ミニロブスターとして人気が高い。

だが、日本では約90年の生息歴がありながら、食の対象外に置かれてきた。

ブラックバスの駆除など淡水の生態系保全に取り組む「シナイモツゴ郷(さと)の会」(宮城県大崎市・二宮景喜理事長)では、これまで土に埋めるなどして処分してきた捕獲アメザリを食材として利用する研究に力を入れている。

アメザリ問題に社会の関心を集めつつ、駆除の輪を広げる新戦略の展開だ。

おいしい「ザリせん」

「試食してみますか」。東京都内で開かれた水辺の自然再生をテーマにしたシンポジウムの会場で、シナイモツゴ郷の会の坂本啓さんに声を掛けられた。

展示台には、せんべいが並んでいる。ラベルは「ザリせん」。爪を広げたアメザリの絵に「食べて減らそう アメリカザリガニ! 食べて守ろう 豊かな自然!」のキャッチコピーが添えられている。

せんべいには稚アメザリの姿があった。むき身も使われ、押し花のような風雅な趣のあるせんべいだ。

ブラックペッパー味と、のりしお味の2種類。どちらもいける。すぐにでも商品化できそうな完成度だ。「旧品井沼周辺ため池群で駆除されたアメリカザリガニを使用」との説明文が付いている。

会の名称は新種の小魚

大崎市鹿島台一帯には、かつて広大な品井沼が存在したが、江戸時代からの干拓で昭和に姿を消した。

会の名前のシナイモツゴは、大正5(1916)年に品井沼で採集され、その個体が新種名の記載に使われたコイ科の小魚だ。

その後、宮城県内では絶滅したとみられたが、平成5(93)年に、旧品井沼周辺のため池で再発見されている。

郷の会が食材化の研究に使っているのは、そうした里山のため池で連続捕獲装置によってつかまえているアメザリたちだ。高効率の捕獲装置は、同会副理事長で水産学博士の高橋清孝さんらの手で開発された。シナイモツゴの再発見も高橋さんによる業績だ。

シンポジウム会場には、「大判ザリせん」も並んでいた。こちらは化石を連想させる雰囲気だ。殻の歯応えがありすぎるようだが、客引き効果は抜群だ。

アメザリ魚醤や御膳も

「ザリガニ御膳」も出展されていた。

サラダ、チーズ焼き、塩ゆで、チャーハン、チリソースなどアメザリ料理尽くしで、ゴージャス感がある。人気駅弁になりそうな予感を抱かせる献立だ。

「アメザリ魚醤(ぎょしょう)」も用意されていた。食塩のみで熟成させた製品と、豆麹(こうじ)を加えた製品の2種類。

食塩だけの魚醤は、やや硬い味だが、食塩と豆麹のものはまろやかで、高級醤油(しょうゆ)の味わいと色調だ。

甲殻類の風味があるアメザリ魚醤は、鶏肉の煮込みや、チャーハン、アジアンスープなどの料理に向いているそうだ。

郷の会では、アメザリ加工食品を商品化して、アメザリ駆除の活動費に充てることを考えている。

驚くべき中国の小龍蝦

中国語でのアメザリはミニロブスターを意味する「小龍蝦」。産経の中国総局(北京)に尋ねると「今世紀に入って養殖産業と消費市場が急拡大中ですよ」と教えてくれた。

南京ではアメザリ料理が全飲食業の売り上げの20~25%を占める人気だ。2016年の中国のアメザリ産業の総生産額は、1466億元(約2兆4千億円)で産業全体の就労者は約500万人というから驚きだ。

養殖と捕獲を合わせた同年の生産量は89・9万トン。中国は世界一のアメザリ大国に成長していた。外来種としての侵入は1930年代のことらしい。

湖南省など多くの地方政府は稲作とアメザリ養殖の一体化を奨励し、農村部の経済発展に力を入れる。

以上は、昨年の中国水産学会「中国アメリカザリガニ産業発展報告」で紹介されている情報だ。

日本で手を焼くアメザリに舌鼓を打ちつつ、金もうけにつなげるとは逞(たくま)しい。

http://www.sankei.com/column/news/180328/clm1803280005-n1.html

 

おいしそう(*´艸`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 動物, 食事