sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

母親「子供に与える食料品が底をついた」 → 警察に通報した結果

   

母親「子供に与える食料品が底をついた」 → 警察に通報した結果

「子供に与える食料品が底をついた」貧困にあえぐ母親が911番通報(米)

米ニュージャージー州カムデン郡の緊急通報司令室に1月22日、若い女性からの911番通報があった。それは貧困にあえぐ4児の母親からの「我が子に食べさせるものがないので助けてほしい」という内容だった。『NBC Philadelphia』などが伝えた。

「子供たちが、昨日から何も食べていないのです。」

電話口でそう告げたのは、カムデン郡に住む4児のシングルマザーだ。地元の教会を訪ねるなどあらゆる手を尽くしてみたが、とうとう食料品が底をついてしまったという。悲痛の声で状況を説明する女性だったが、オペレーターに「ここは警察です。番号が違います」と冷たくあしらわれてしまった。

フードスタンプ(低所得者向けの食費補助制度)を待っているが受給までに1か月かかること、また現金や車もないため911番通報しか方法がなかったことなどを懸命に説明する母親は、「どうにかして助けてもらえないだろうか」「自宅まで来てもらえないか」と懇願した。

たまたま隣で会話を聞いていた同じくオペレーターのトンダレヤ・バグビーさん(Tondaleya Bagby)はこの母親の状況を気の毒に思い、警察官を向かわせる手はずを整えた。

「会話を聞いて悲しくなったのです。我が子に食べ物を与えられないなんて、想像を絶する状況ですから。」

自身も母親であるトンダレヤさんは、居てもたってもいられなかったようだ。

要請を受け、母親のもとを訪ねたカムデン郡のデビッド・ヒントン警官は、1ベッドルームの狭いアパートに若いシングルマザーと子供4人を見つけた。間近で見る本物の警官の姿に子供らは喜んだものの、食べ物はありそうもなく全員がお腹を空かせた状態だったという。事態を目の当たりにしたヒントン警官は、とりあえず子供達のお腹を満たすため近所のマクドナルドへ行き、ハッピーセットを購入したそうだ。

一方で、トンダレヤさんはその後も一家のことが頭から離れなかった。「一家は今日、とりあえず食べ物にありつくことができた。でも明日は? 来週は? 来月は?」…そう思うと気が気でなかった彼女は、仕事の後にスーパーへ立ち寄り、自ら食料品を差し入れに行くことにした。

そしてこの件を同郡警察署のトレイシー・シーグル巡査(Tracy Seigel)に話すと、彼女がさらに複数の同僚らに声をかけて善意の輪が広がった。こうしてみんなでお金を出し合い、一家に助けの手を差し伸べることとなった。2件のスーパーをはしごして10袋分を購入したが、パンや牛乳などの食料品のほか衛生用品なども含まれていたそうだ。自宅に届けられた大量の食料品などを目にしたシングルマザーは警官らの思いがけない優しさに触れ、たいへん感激していたという。

なすすべもなく切羽詰まって911番通報した母親に対し、職務の域を超えた温かい行いをしたとして、ヒントン警官とシーグル巡査は後に優秀者として表彰されている。カムデン郡警察署のFacebookには「これこそ本当の“アメリカン・ヒーロー”だね」「素晴らしい思いやりの心を持った警官たちだ」と称賛コメントが多数届いた。

なお農務省の経済研究局によると、2016年にはアメリカの家庭のおよそ12.3%(約1560万世帯)が「十分な量の食事がとれない不安」を抱えていたことが明らかになっている。これらの家庭の大半は、子供たちに満足のいく食事を与えるために親が空腹を我慢することでしのいでいたようだが、このうち310万世帯では子供にも十分な量の食事を提供できない不安を抱えていたという。これは2007年に景気後退が始まった時期以前と同じレベルと言ってもいいほどの悲惨な事態だそうだ。

http://japan.techinsight.jp/2018/02/emma0201519.html

ほんとアメリカン・ヒーローだね( ´∀`)bグッ!

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット