アメリカ人 『バイデンみてぇなボケ老人応援してねぇよ けどトランプ支持って言うと仕事干されるんだ』

スポンサーリンク

トランプ支持、なぜ隠す アメリカ人にだって本音と建前

スポンサーリンク

そこが気になる アメリカ大統領選
11月3日のアメリカ大統領選挙まで1カ月を切りました。4年前の選挙で、当初は泡沫(ほうまつ)候補だったトランプ氏の当選に一役買ったと取り沙汰され、今回も注目されるのが「隠れトランプ支持者」の動向です。隠れトランプ支持者とは、表向きは支持を明言しないものの、実はトランプ氏を応援している人たちのことです。アメリカ人と言えば、もともと政治的な会話にオープンなイメージがありますが、なぜトランプ氏への支持は隠したいのか――。アジア人とアメリカ人の心理や行動の違いを研究する北海道大学の結城雅樹教授(社会心理学)に分析してもらうと、明るくポジティブといわれるアメリカの人たちに特有の葛藤が見えてきました。

スポンサーリンク

――4年前に「隠れトランプ支持者」という言葉が新しく出てきました。どう思いましたか。

「そんな人がいるのか」と驚きました。当時は、表向きはリベラルを標榜(ひょうぼう)している人たちがこっそりトランプ氏に投票したということではなく、もともと保守的な人たちが世論調査から漏れてしまったのだろう、つまりサンプリングが失敗したのだろうと思っていました。

スポンサーリンク

――今はどう考えていますか。

「隠れ」た現象なので実際に確かめるのは難しいかもしれませんが、現地の報道などを見ると、意外にも白人の中間層や上流階級の人たちの一部にそのような人がいるのではないかと考えるようになりました。

スポンサーリンク

――何が起きているのでしょう。

次のような構図が想定されます。

東海岸や西海岸の大都市などリベラルな地域に住む白人の中間層や資産階級の間には、「知性や理性を守り、平等主義的な道徳を守る」という建前がありますが、トランプ氏の言動は完全にこれに反しています。ですから、もしトランプ氏への支持を公言すれば、厳しい社会的制裁に遭う恐れがあります。特に国際的な企業や学術界は人種差別問題には注意深いですから、下手をすれば解雇されてしまうかもしれません。ですから、それはできません。

スポンサーリンク

一方で、人種差別に反対する「ブラック・ライブズ・マター(BLM)運動」をめぐってトランプ氏が繰り返す社会秩序への不安や、ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)を過度に追求するリベラル派への反発、さらにオバマ政権が進めた医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃や移民への敵視発言などのように資産階級や白人に迎合的といえる政策姿勢から、感情や自己利益の部分ではトランプ氏を支持したいと考える人も、きっと少なくありません。そこで、理性と感情の間で揺れた結果、匿名の投票ではトランプ氏の名前を選んでしまうと考えられます。

スポンサーリンク

トランプ支持「惨めな人々」は今 地元酒場に響く大笑い
――でも、アメリカ人はオープンに自分の支持政党を話したり、友人と政治的な会話を好んでしたりするというイメージがあります。

「オープン=正直」かという問題を横に置けば、自分の立場を明確に語るということは間違いありません。子供の頃から「賛成か反対かはっきり言いなさい」と常に教えられ、学校ではディベートをさせられるので、自分の考えを述べたり議論したりすることには慣れています。

しかし、そんなアメリカ人にも本音と建前があります。

スポンサーリンク

好き勝手な事を言っているようでも、アメリカ人にも本音と建て前があるらしい。 ●世論調査ではバイデン氏が有利、それでも勝つのはトランプ氏?

スポンサーリンク

世論調査ではバイデン氏(左)が優位を保っているが、実際に投票で勝つのはトランプ氏だろうとの見方もある

ロイター通信とイプソスが発表した新しい世論調査によれば、11月の大統領選で野党・民主党のバイデン前副大統領に対する支持率は47%と現職のトランプ大統領の支持率40%を上回った。

今回の選挙戦で興味をひかれる現象のひとつは、前回の2016年の大統領選で起きたことについて専門家や有権者が取り組む様子だろう。

スポンサーリンク

ニュースサイト「アクシオス」のジム・バンデヘイ氏によれば、トランプ氏が勝てないとみる社会通念は誤りだという。

2016年の結果を今回の選挙戦に当てはめると、一般の人々は世論調査がバイデン氏の明らかなリードを示しているとは見ていない。人々はトランプ氏が勝つと考えている。

ピュー・リサーチ・センターの世論調査が何が起きているのかをよく示している。

世論調査ではバイデン氏への支持がトランプ氏を8ポイント上回った。しかし、同じ世論調査では米国人は51%がトランプ氏がバイデン氏を破ると考えている。バイデン氏が勝つと考える米国人は46%。

スポンサーリンク

有権者でみると、50%がトランプ氏が勝つと考えている。バイデン氏が勝つと考える有権者は48%だった。

この調査が示しているのは、有権者は選挙戦の流れが今後トランプ氏に傾くと考えているか、あるいは世論調査が間違っていると考えているかだ。

面白いのはこの調査はインターネットを通じたもので生のインタビューは行われていない。つまり、バイデン氏に投票すると答えた有権者には、トランプ氏に投票しないといったようなより社会的に好ましい回答とみなされそうなものを与える理由がなさそうだということだ。

あるいは、一部の有権者は世論調査が機能していないと考えている。 FOXニュースの世論調査によれば、隣人がより多く投票するのはトランプ氏だと考えている有権者の割合は、バイデン氏と答えた人の割合を5ポイント上回った。この世論調査ではバイデン氏は支持率で7ポイントリードしていた。

スポンサーリンク

●トランプ氏がバイデン氏上回る、賭け業者の予想オッズで

9/2(水) 22:38配信[2日 ロイター]
英ブックメーカー(賭け業者)ベットフェアによる米大統領選の勝利者予想で、現職のトランプ大統領が2日、対立候補のバイデン前副大統領を上回った。

ベットフェアの広報担当者は「8月はトランプ氏の再選オッズが史上最悪の状態で、バイデン氏に敗北する可能性が高まっていた」と指摘。ここにきてトランプ氏の勝利確率が劇的に持ち直していると述べた。

ロイター/イプソスの世論調査によると、各候補の支持率はトランプ氏が40%、バイデン氏は47%で、バイデン氏が7%ポイントリードしている。

スポンサーリンク

●トランプ氏の再選可能性の高まりに投資家は備えよ-JPモルガン 9/1(火) 9:16配信(ブルームバーグ抜粋)

トランプ米大統領が11月の大統領選で再選される可能性の高まりに投資家は備える必要があるとJPモルガン・チェースのストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏がリポートで指摘した。

同氏は「確かに今後約60日間に勝ち目を変える多くの出来事が起こり得るが、バイデン前副大統領の勝利に大部分の投資家がなお備える一方で、トランプ氏に有利なモメンタム(勢い)が今後も継続するとわれわれは現時点で考えている」と説明した。

スポンサーリンク

トランプ氏勝利のベッティングオッズ(確率)の上昇を示す政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス 」のデータを引用したコラノビッチ氏は、「抗議行動での暴力の度合いが世論と投票パターンに及ぼす影響」と、「トランプ氏を支持する有権者が世論調査を辞退したり、誤った情報を与えたりする傾向が強いことに伴う調査のバイアス(ゆがみ)」が要因だと分析した。

コラノビッチ氏によれば、不正確な回答を行う人々によって、世論調査結果がバイデン氏優勢の方向に人為的に5-6%ゆがめられている可能性があるという。

同氏は、「民主党がデモに対するスタンスを転換しない限り、ワソー効果に関係するモメンタムが引き続きトランプ氏有利に働く」と予測した。

スポンサーリンク

また、投票が近づくにつれ沈静化するかに見える新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の動向も、今後数週間の選挙情勢を左右する重要な力の一つだとしている。
【引用終わり】

ピュー・リサーチ・センターの世論調査では、「バイデン氏の支持」が8ポイント上回るが、同じ調査(=同じ解答者)なのに「勝つのはトランプ氏だ」という予測が6ポイント上回っているそうです。

これは極めて不思議な事です。

普通は自分が支持している候補者が勝つ(勝って欲しい)と考えると思いますが、この調査では「自分はバイデン氏を支持しているが、トランプ氏が勝つだろう」と考える人が、少なくても14ポイント分存在する事を顕わしています。

スポンサーリンク

支持率で負けているトランプ陣営の人達が、「勝って欲しいが無理だろう」と答えるのならわかるのですが、「世論調査で優勢なので、このままいけば勝利するはずのバイデン氏が負けるだろう」と予測するのは、間尺に合いません。

とすると「世間体の為にトランプ支持とは公言できないが、実は自分はトランプ氏に投票する」という「隠れトランプが相当数いる」と、多くの人が考えていることになります。

つまり「隣人がより多く投票するのはトランプ氏だ」と答える人達が多いので、今現在、本当の所はトランプ氏に有利になっているのではないでしょうか?

だから、イギリスの賭けではトランプ勝利に賭ける人が多くなり、JPモルガン・チェースが投資家にトランプ勝利に備えるように通知をするのではないかと思います。

スポンサーリンク

CNNやニューヨークタイムズの記者や論説委員は、自分の好き嫌いで記事を書いてその予測が外れても、別段自分の給料が下がるわけではありませんが、現金をかける人や投資家は予測が外れると実際に損をしてしまいます。だからギャンブラーや投資家の方が、マスコミ人や学者よりもはるかに真剣でも不思議はありません。それだけに、自分の好みではなく「実際にどちらが勝つのか」を、冷静に判断しようとするのではないでしょうか?

それにしても世論調査とは、あてにならないモノなのですね。それとも「アメリカ人は『社会的な善』と宣伝されているモノに、自分の意思で抑圧されてしまう」のでありましょうか?
そう考えると、お酒を飲みたい人が大多数だったのに「禁酒法が成立した不思議」も納得できます。つまり「お酒を飲むのは悪人だ」=「禁酒が社会的な善である」という宣伝によって、本音ではお酒が大好きで飲みたい人達が、「悪人のレッテルを貼られたくない為に、禁酒法に賛成してしまった」のです。

スポンサーリンク

だからこそ、心から支持している人が少数派だったのに、多数決で「禁酒法」が成立したのです。

けれどいくら「禁酒法」が施行されても、「お酒を飲みたい」という人々の心は変わりませんでした。その為に密輸が横行して、マフィアの資金源になったのです。

良い社会になって欲しいと「禁酒法」を作ったのに、良い社会にはなりませんでした。ですから、一般市民がマフィアの力が強くなったことによる治安の悪化に耐えきれなくなったのか、はたまた「イエス・キリストが禁酒を命じている訳ではない」事を思い出したのか、私には理由は解りませんが「禁酒法」は撤廃されました。

スポンサーリンク

このようにアメリカ人は「社会的に善だ」と宣伝されている立場に「自分も建たなければならない」と考えて、時には自分の心に嘘をつくようです。だからこそ今も『社会的な悪』と宣伝されているトランプ大統領を支持すると公言できない人が、たくさんいるのでしょう。

つまりアメリカ人は、表面上の「発言では、自分の心に嘘をつく」のです。

しかし人間は、行動でまで自分の心に嘘をつくのはなかなかできません。だから禁酒法があっても、隠れてお酒を飲みました。トランプ氏を支持しないと言っても、隠れてトランプ氏に投票する人がいます。「行動では、自分心に嘘をつききれない」からです。

スポンサーリンク

それにしても、世界の『言論の自由』の守護者を気取って、日本人の本音と建て前を薄汚いモノであるかのように報道している、当のアメリカ人の少なからぬ人たちが「悪人のレッテルを貼られるのを恐れて、発言では自分の心に嘘をつく」とは、偽善的なような気がします。

その偽善を、今トランプ大統領が叩ききっているのでしょうか?トランプ大統領のピィジュアルは、トム・クルーズのような美しき正義のヒーローではありませんが、タ―三―ネーター型の凄味はあります。アメリカ人はタ―三―ネーターが大好きですから、トランプ大統領は再選されるのかもしれませんね。

https://note.com/nanaehasegawa/n/n1f8decf1a96e

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

「日本は同調圧力ガー!」ってよく言われるけど、アメリカにも強力な同調圧力があり、ワイの住んでる南国マレーシアでさえ今回のコロナ騒動で尋常じゃない同調圧力を感じましたわ😅😅😅

コメント