アメリカのスポーツ界に「パワハラ」が存在しない理由

愛情があれば厳しくても大丈夫、は通用しない

日本スポーツ界を席巻する「パワハラ」問題。相撲、体操、駅伝、レスリング・・・次から次へと明るみになるその実態は、これまでアンタッチャブルとされてきた業界の負の部分がはっきりと映し出されている。

果たして育成に暴力や暴言は不可欠なのか。

現在の米国のスポーツ界において「パワハラ」が問題になることはないと説くのは在米スポーツライターのナガオ勝司氏だ。「体育会系あるあるが存在しない」米国から見た「パワハラ問題」とは。

「映画の世界」と形容された日本スポーツ界の異質さ

2001年に日本のプロ野球でコーチの選手に対する暴行事件が発覚した時、当時現場を一緒に過ごした米国人記者から「まるで映画の世界そのものだな」と皮肉を言われたことがある。

彼の言う「映画」とはトム・セレック主演の「ミスター・ベースボール」(1992年公開)のことで、故・高倉健さん演じる日本人監督の「上の命令は絶対だ」的な指導法に、日本のプロ野球選手たちが従う姿がコメディー風に描かれていた。

残念ながらその記者はもうこの世にいないが、もしも彼が今でも生きていたら、指導者が選手に対して「体罰」を振るったり、何かを強要したりという「パワー・ハラスメント=パワハラ」が問題になっている今の日本のスポーツ界を、どう捉えただろうかと思う。

なぜなら、「パワハラ」という言葉が、米国には存在しないからだ(「パワハラ」は日本で生まれた造語である)。
たとえば英語版Wikipediaには「Abuse by Power(権力によるイジメ)」という言葉はあっても、「パワハラ」は日本や韓国における「社会問題」として紹介されているだけだ。そして、それはスポーツ界ではなく、社会的な問題だとされている。

上司が部下に、あるいは指導者が選手に何かを強要することは米国にもある。
再び映画の話になるが、トム・クルーズ主演の「ア・フュー・グッドマン」(1993年公開)は、軍隊内部の規律を乱す者への上官の暴力的制裁をテーマにした法廷ドラマだった。同作品は脚本家が物語同様の裁判を担当した弁護士から聞いた実話をベースにしているので、当時の米軍内部にはそれに似た事件があったことを示唆している。最近ならば、軍隊内の「セクシャル・ハラスメント=セクハラ」が内部告発として表面化して社会問題となっているし、スポーツ界でも米国の体操競技の「セクハラ」に代表されるように(典型的には)男性指導者が女性選手に性行為を強要する問題が起こっている。

だが、それらは米国で、日本風の「パワハラ」とは区別されている。

なぜだろうか?

理解されない「愛情があれば厳しさは必要」という価値観

それは一般の米国社会に、軍隊や日本の一般社会にあるような伝統的な「権力構造」が存在しないからではないかと思う。

米国でも上司の命令に部下が従い、指導者の命令に選手が従うことは普通にある。しかし、その命令は立場が「上」と「下」の双方が「お互いに有益である」と認識した上で遂行される。そもそも「上」は「理不尽」な命令を出すことが「社会的に許されないこと」と強く認識しているので、「体育会系あるある」が、起こることはない。

年配の人を敬う気持ちは米国にもあるが、それは社会が決めるものではなく、個人の意思による。日本のような敬語も存在せず、それに準じた丁寧な言葉使いもそれぞれの人格による。

そんな社会だから部下が上司のことを「ミスター+苗字」で呼ぶことはとても希で、お互いにファーストネーム(名前)で呼び合うことの方が多い。年齢や立場に関係なく親密な関係であることは、意思の疎通を迅速に取る上で大事なことだ。

スポーツ界でも監督やコーチと選手はお互いをファーストネームで呼び合うのが普通だ。事実、昨今のメジャーリーグでは「上」から「下」の命令を下すような強権監督は失脚する傾向にあり、選手との親密なコミュニケーションを取る「兄貴分」のような監督が成功を収める傾向にある。

米国に「パワハラ」が存在するとすれば、それは家庭内にあるかもしれない。親(やその代わりになる人間)が子供を躾けるのはどこの国でも変わらないが、米国では家庭内暴力として毎年、その事例が幾つも報告され、結果として加害者(ほとんどの場合は親)が法的処分を受けている。「親が子を叱って何が悪い?」と「体罰」が許されることはなく、米国の一般社会では「体罰」が加わった時点で「親」という名の「権力」ですら法によって奪われることを示唆している。

家庭内でそうなのだから、スポーツ界ではなおさら「体罰」に対して敏感だ。
たとえば米国の少年野球=リトルリーグの指導者の多くは試合中、ベンチから大声で選手たちを鼓舞する。ただし、それは「激励」ではあっても、「叱責」ではない。選手が審判に文句を言ったり、相手チームにリスペクトのない行動を取ったりした時には「叱責」したり、強制的にベンチに座らせることもあるが、「体罰」やそれに準じた「言葉の暴力」を公然と使うことはない。試合中に選手を大声で怒鳴るような監督やコーチは「マナー違反」として排除されるし、同じような行為をした親でさえ、時には退場処分を受ける。

だから、米国のプロ野球はもちろん、高校野球や大学野球、あるいはアメリカン・フットボールやバスケットボールの世界でもそれは変わらない。指導者が叱咤激励することはあっても、日本のように「体罰」で選手を従わせる「パワハラ」の事例は聞いたことがない。

指導者が絶対的に優れているわけではない

とは言え、米国の指導者の「伝える技術」「教える技術」が日本の指導者より絶対的に優れているかと言えば、そうでもない。

それは米国の指導法の根幹に「個人が持つ才能には差があるし、限界もある」という考え方があり、スポーツ界だけではなく、一般社会でも「私のやり方で頑張ればできるようになる」と無理強いする日本のような環境が存在しないからだと思う。

米国のスポーツ界で「パワハラ」が起きないのは、米国の一般社会にそれが存在しないから。日本のスポーツ界で「パワハラ」が起きているのは、日本の一般社会にそれが存在するから。そう結論付けてしまうと、解決する方法は一つしかない。

自分の身の回りにある「パワハラ」やそれに準じた行為を根絶するため、我々自身が勇気を出して、古い世代やそれを支持する人々の考えを否定すること。悪しき伝統を徹底てして拒否することで、スポーツ界だけではなく、とても身近な社会の中にある「パワハラ」に向き合っていくしかない。

アメリカのスポーツ界に「パワハラ」が存在しない理由 愛情があれば厳しくても大丈夫、は通用しない | JBpress(日本ビジネスプレス)
日本スポーツ界を席巻する「パワハラ」問題。相撲、体操、駅伝、レスリング・・・次から次へと明るみになるその実態は、これまでアンタッチャブルとされてきた業界の負の部分がはっきりと映し出されている。果たして育成に暴力や暴言は不可欠なのか。スポーツ大国、米国において「パワハラという言葉はない」と説くのは在米スポーツジャーナリス...

 

こないだのテニスであんな事があったばかりなのに…ちょっと信じられんよな(;・∀・)

コメント