【悲報】ジョニー・デップを訴えて返り討ちにされた元妻「今でも心から愛してる」

スポンサーリンク

ジョニー・デップ名誉棄損裁判敗訴のアンバー・ハードが「今でも心から愛しています」と告白

スポンサーリンク

元夫の米俳優ジョニー・デップ(59)に名誉毀損で訴えられ、巨額の賠償を命じられた米女優アンバー・ハード(36)との独占インタビューを米NBCの情報番組「トゥデー」が14日と15日の2部に分けて放送した。その中でハードはデップについて、「今でも心から愛しています」と告白した。

同番組の司会者でジャーナリストのサバンナ・ガスリー氏とのインタビューで、ハードは泥沼の離婚劇や裁判を経て、デップに対して複雑な感情が交じり合っていると現在の胸中を明かし、その一つが愛情だと主張した。

スポンサーリンク

また、「デップに人生が壊されたか」と聞かれたハードは「イエス」と答え、「気を付けないとまたデップに訴えられるかもしれない」と話した。ただ、「彼に対して悪い感情や悪意は全く持っていない」ことを強調した。

名誉毀損裁判のもととなった米紙ワシントン・ポストに寄稿したDV(家庭内暴力)をテーマにした2018年の作文について、ハードはデップについて書いたものではないと改めて主張。当時高まっていた「#MeToo」運動という〝大きな文化的議論〟に自身の意見を投じたもので、デップを社会的に追放しようという意図はなかったと釈明した。

スポンサーリンク

一方、デップと離婚した際に受け取った慰謝料700万ドル(約9億4000万円)を米人権団体と小児病院に、半分づつ全額寄付すると宣言したものの、実際はほとんど実現していないことなど、自身の社会的信用について問われたハードは、そのことも裁判で自分の主張が陪審に聞き入れられなかった理由の一つだろうと認めた。

NBCは17日に未公開部分を織り交ぜ、同インタビューの総集編を報道番組「デイトライン」で放送する。

ジョニー・デップ名誉棄損裁判敗訴のアンバー・ハードが「今でも心から愛しています」と告白 – 東京スポーツ新聞社
 元夫の米俳優ジョニー・デップ(59)に名誉毀損で訴えられ、巨額の賠償を命じられた米女優アンバー・ハード(36)との独占インタビューを米NBCの情報番組「トゥデー」が14日と15日の2部に分けて放送し...
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

20億は確定でその後新聞社とこの女にデップは200億の裁判起こす予定らしい
確実に100億以上の賠償金は確定してるみたい😱😱😱

コメント