sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】アマゾン、競合LINEのAIスピーカーを販売禁止にしてしまう

   

【悲報】アマゾン、競合LINEのAIスピーカーを販売禁止にしてしまう

インターネット通販大手で、米国でシェア首位の人工知能(AI)スピーカーを8日に国内で発表したアマゾンジャパンが、同日以降、競合するLINE(ライン)のAIスピーカーの販売を禁止していることが18日分かった。AIスピーカー競争が過熱する中、ネット通販市場で力を持つアマゾンがライバル製品を締め出したことについて独占禁止法違反の可能性もあるとの指摘も専門家から出ており、今回の対応は波紋を呼びそうだ。

LINEのAIスピーカー「クローバウェーブ」は10月5日の発売以降、クローバの公式サイトや、楽天の「楽天市場」やアマゾン内にLINEが出店している店で購入することができた。しかし、アマゾンがAIスピーカー「アマゾンエコー」を今月8日に発表して以降、アマゾンの商品一覧からクローバウェーブは削除された。

これに対しLINEがアマゾンに理由を問い合わせたところ「販売禁止商品に指定された」との回答があったが、禁止指定の理由については説明がなかった。

LINE幹部は不快感をあらわにし、アマゾン側と協議する考えを示しているが、出品規約にはアマゾンが商品を販売禁止指定にできることが明記されているという。アマゾンからは18日までに回答はない。

独占禁止法が専門の舟田正之立教大名誉教授は「アマゾンはネット通販市場のシェアも高く、LINEにとって大きな流通経路でこれが閉鎖されたことは独禁法違反の可能性もある。特に、LINEという出店業者に対して販売をさせないアマゾンの行為は、自主的な事業活動を制約しており、悪質性が強い」と指摘している。

【用語解説】AIスピーカー

人工知能(AI)に対応し、音楽の再生や家電の操作、提携先の企業のサービスを音声で指示できる機器。アマゾンが2015年に米国で一般発売し、同国のシェアが7割強の「アマゾンエコー」に代表される。国内でも10月にグーグルとLINE、11月にアマゾンが発売。ソニーや米アップルも発売を予定している。

http://www.sankei.com/smp/economy/news/171119/ecn1711190006-s1.html

Amazonのこういうとこ大嫌い(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, ニュース, ネット