【動画】アマゾンに生息する肉食獣『ジャガー』さん、オオカワウソの群れに恐れをなして逃げる

カワウソを恐がり逃げるジャガーに科学者らが大笑い

南米、アマゾンの熱帯雨林などに生息するネコ科の肉食獣の『ジャガー(学名:Panthera onca)』。他の哺乳類や鳥類の他にカイマン属のワニやヘビ、カエル、ナマズ、ピラルクーなどを捕食し、稀に人を襲うこともある生物として知られている。

非常に強いイメージのある生物だが、科学者らによってこのジャガーが『オオカワウソ(学名:Pteronura brasiliensis)』の群れに恐れをなして逃げる様子が撮影され話題となっている。

この動画が撮影されたのは南米のブラジル、ボリビア、パラグアイにまたがる世界最大の湿地帯パンタナル。研究者が魚を捕りため川沿いにやってきた若い雌の個体の観察をしていた所、その縄張りの主であったオオカワウソの群れが現れ、雌のジャガーは恐れをなして逃げたとのこと。

映像では、ジャガーがオオカワウソに吠える声や水しぶきの音、そして科学者らがこの光景に大笑いしている笑い声などが聞こえる。科学者らにとって、この光景はかなりツボだったようだ。

オオカワウソによってその場から追い出されたジャガーであるが、なぜか翌日も同じ場所に現れ、またオオカワウソに追い出されてしまったそうだ。

ジャガーと互角に張り合うこのオオカワウソ。カワウソと言えば可愛らしいイメージの生物であるが、このオオカワウソは例外であり、時には群れでカイマン属のワニを捕食することもあるという。また、地元の先住民族からは『水生のジャガー』と呼ばれ恐れられているとのこと。

科学者によると、このような素晴らしい光景が見られるのも、多種多様な生態系が形成されている世界最大の湿地帯パンタナルならではとのことだ。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

 

オオカワウソすげー(;・∀・)

コメント