sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

アマゾン配送料上げ 最大1.5倍、物流コスト転嫁 購入2000円未満対象

   

アマゾン配送料上げ 最大1.5倍、物流コスト転嫁 購入2000円未満対象

 アマゾンジャパン(東京・目黒)は4日、ネット通販の配送手数料を引き上げたと明らかにした。購入金額が2000円未満(税込み)の利用者が対象で、手数料は最大1.5倍となる。ネット通販の利用が広がる一方で、荷物を運ぶ宅配大手では人手不足となっている。アマゾンが物流コスト上昇などを消費者に転嫁することで、他社にも値上げの動きが波及する可能性がある。

アマゾンを利用する消費者はアマゾンが商品を調達したものを購入する場合と、アマゾンが提供するマーケットプレイス(仮想商店街)と呼ばれる「市場」で電子商取引(EC)事業者が出品した商品を購入する2通りある。今回の配送料の引き上げは主に直販事業が対象となる。4日注文分から引き上げる。

新しい配送料では本州・四国と、北海道・九州・沖縄・離島の2つに区分。通常配送では本州などが400円、北海道・九州などが440円となる。これまでは一律で350円だった。

注文した当日や翌日に届ける配送サービス、日時指定の配送でも料金を引き上げる。最短翌日に届ける配送は500~540円と約4~5割の値上げになる。書籍など一部商品や、有料の「プライム会員(年会費3900円)」の注文は配送料無料で据え置く。

アマゾンが日本での配送料を引き上げるのは2年ぶり。2016年春には「全品送料無料」を改め、購入金額が2000円未満の利用者から手数料をもらうようにした。

米アマゾンの決算資料によると、2017年12月期の日本市場での売上高は119億ドル(約1兆2500億円)と前の期に比べて10%増えた。国内小売業で百貨店大手のJ・フロントリテイリングなどを抑えて6位の規模となった。

ただ、急激な事業拡大はヤマト運輸など配送事業者の人手不足の原因となった。アマゾンはヤマトと昨秋までに、商品配送料を4割程度引き上げることで合意した。アマゾンは「様々なビジネス環境の変化を踏まえ、総合的に判断した」とコメントした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28977050U8A400C1000000/

 

購入2000円未満対象だからまだマシだよね(*´∀`*)

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, ニュース, ネット