sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【大炎上】Amazonの配送業者デリバリープロバイダに我慢の限界! 利用者激怒「遅い」「届かない」「届けない」「電話でない」

   

【大炎上】Amazonの配送業者デリバリープロバイダに我慢の限界! 利用者激怒「遅い」「届かない」「届けない」「電話でない」

インターネットショッピングサイト「Amazon」(アマゾン)の商品を配送している業者、デリバリープロバイダに対する世間の怒りが収まらない。「遅い」「届かない」「届けない」「電話でない」など、従来の日本郵便やヤマト運輸と比べて配送クオリティが著しく低いのである。

・無反応でスルー
デリバリープロバイダは届くはずに日時に届かないことが多々あり、しかも不在じゃないのに不在連絡票が入っていたり、そもそも不在連絡票すら届かず「いませんでした」とされることがある。また、不在連絡票に書かれているドライバーに電話をしても、いっさい電話に出ず、留守電にメッセージを残しても無反応でスルーして無視することもある。

・ヤマト運輸がAmazonの支持に繋がった
いままではヤマト運輸がメインに配送をしており、その速さと信頼性は絶大な支持を得ていた。ある意味、「すぐに届く」「すぐに対応してくれる」というヤマト運輸の信頼性がAmazonの支持に繋がっていたといえる。しかし、デリバリープロバイダの登場によって多くの人たちがAmazonに失望し、同業他社での買い物をする傾向にあるようだ。

・デリバリープロバイダが配送
以前は「お急ぎ便」の場合はデリバリープロバイダが配送することがあったが、「お届け日時指定便」は日本郵便やヤマト運輸オンリーだった。それが唯一のデリバリープロバイダ回避術だったが、現在は「お届け日時指定便はデリバリープロバイダが運ばない」というルールが変更され、お届け日時指定便でもデリバリープロバイダが配送することになっている。

通常配送: デリバリープロバイダ含む全配送業者
お急ぎ便: デリバリープロバイダ含む全配送業者
お届け日時指定便: デリバリープロバイダ含む全配送業者
店頭受取ローソン: 日本郵便
店頭受取ファミリーマート: ヤマト運輸
店頭受取ヤマト運輸: ヤマト運輸

・「コンビに受け取り」にするしかない
つまり、現在はAmazonで注文する以上、デリバリープロバイダから逃れることはできず、どうしてもデリバリープロバイダの呪縛から逃れたいなら、やや受け取りが遅れるものの「コンビに受け取り」にするしかない。

・デリバリープロバイダを原因とするクレーム
Amazonには以前からデリバリープロバイダに対する怒りの声が多数寄せられていた。いま現在もデリバリープロバイダを原因とするクレームがインターネット上に多数報告されているが、目に見えるかたちで改善されてはいないようだ。

ちなみに、Amazonに注文しておきながら商品が届かない現象を「Konozama」(このザマ)という。Amazonを逆から読んだ言葉が由来だが、Amazonでは「Konozamaシャツ」の販売をしており、自虐的すぎると話題になっている。

http://buzz-plus.com/article/2018/03/26/amazon-delivery-provider-konozama/

【大炎上】Amazonの配送業者デリバリープロバイダに我慢の限界! 利用者激怒「遅い」「届かない」「届けない」「電話でない」

 

どうしてもデリバリープロバイダが嫌なら「コンビニ受け取り」にするしかないと。そりゃ不便だなぁ(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット