【動画】名古屋大学の池から体長130センチの『アリゲーターガー』が発見される

【動画】名古屋大学の池から体長130センチの『アリゲーターガー』が発見される

大学の池でアリゲーターガー捕獲…肉食淡水魚

名古屋市は23日、名古屋大学東山キャンパス(千種区)内にある鏡ヶ池で、北米原産の肉食淡水魚「アリゲーターガー」1匹を捕獲したと発表した。

アリゲーターガーは今月、特定外来生物に指定され、研究目的などを除き、販売や飼育、野外に放すことが禁じられている。

市によると、個体は体長約130センチ。同日午後0時半頃、イシガメの生息調査をしていた「なごや生物多様性保全活動協議会」のメンバーがワナにかかっているのを見つけ、引き上げた。市は、飼育されていたものが池に持ち込まれた可能性もあるとみている。池で約10年前に目撃情報が寄せられ、その後、定期的な調査が行われていた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180424-OYT1T50020.html

 

アリゲーターガーってもう名前からしてすげー強そうだよね(;´Д`)

コメント