「奇行」つづく、アマゾンの音声アシスタント・アレクサ

「奇行」つづく、アマゾンの音声アシスタント・アレクサ

<徐々に一般家庭に拡がりつつあるスマート・スピーカーだが、アマゾンのアレクサは、突然笑い出したり、独り言を言ったり、夫婦の会話を録音し勝手に送付したりと、予期せぬアクションがつづいて報告されている>

アレクサ、「人が死ぬ姿が見える」

アマゾンのスマート・スピーカー「エコー」で今年3月、音声アシスタントのアレクサが突然、笑い出すという奇妙な現象で話題になったのは覚えているだろうか。その後も、アレクサの「ふるさと」である米国では、彼女の「奇行」がたびたび報告されている。先ごろも、アレクサが突然、「見えるのは人々が死ぬ姿だけ」と言い出した、と報じられた。

アレクサの奇妙な発言を耳にしたのは、米サンフランシスコ在住のショーン・キニアさんだ。キニアさんの自宅で6月18日、アレクサが突然「目を閉じるたびに見えるのはただ、人々が死ぬ姿だけ」と言い出した、というのだ。キニアさんはさらに、「そのあと、これまでにないほどの不気味な沈黙が続いた」と米紙メトロに話した。

メトロによると、キニアさんはアレクサをリビングルームに置いて使っていた。キニアさんはそのとき、テレビでアマゾン・プライムを見ていたというが、アレクサの発言があったときは台所に行くためにテレビは一時停止してあったという。つまり、テレビの音声が何らかのコマンドになったわけではない。

キニアさんがメトロに話した内容では、台所にいたキニアさんがちょうどリビングルームに戻ったタイミングで、アレクサが前述の発言をしたという。声のトーンはいつものものだった。キニアさんは、アレクサが話しているのが長い文章だったのでつい聞き入ってしまい、アレクサが言い終わったあとにはっとした、とメトロに述べた。

そのあとアレクサにもう一度繰り返すよう言うと、「わかりません」と言われてしまったという。

夫婦の会話を録音し勝手に送付

米国では5月にも、アレクサの誤作動が報じられていた。シアトルのテレビ局キロ7のウェブ・サイト(5月25日付)によると、米オレゴン州在住の女性、ダニエルさんが所有しているアレクサが、自宅でのダニエルさんと夫の会話を録音し、その音声をボイスメッセージとしてワシントン州シアトルに暮らす夫の同僚へ送りつけていたというのだ。

ある日、夫の同僚から電話がかかってきて、「ハッキングされているから、今すぐアレクサを外すように」と言われた。同僚は、夫婦の会話がボイスメッセージとして送られてきたと説明したという。ダニエルさんは当初、アレクサがそんなことをするとは思えず信じなかった。しかし同僚に「硬材でできた床について夫婦で話していなかったか」と言われ、本当にこの時の会話が送信されていたことを確信した、とダニエルさんは話した。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、夫婦は自宅内に複数のアレクサを設置していたが、すべて外して、アマゾンに返金を要求。アマゾンは調査を行い、原因が判明した。

アマゾンの説明はこうだ。夫婦の会話の中に、「ウェイクワード」である「アレクサ」と似た言葉があり、アレクサが起動。続く会話の中に、録音してボイスメッセージを送る、という一連のコマンドとアレクサが勘違いしてしまうような言葉があったというのだ。コマンドを聞くたびにアレクサは「XXですね?」と確認したが、夫婦の会話の中で偶然、「そう」と取れる言葉があり、ボイスメッセージを送るに至った、とアマゾンは説明している。

しかし夫婦は、「信頼できないからもう2度とアレクサを使わない」と話しているという。

「奇行」つづく、アマゾンの音声アシスタント・アレクサ
<徐々に一般家庭に拡がりつつあるスマート・スピーカーだが、アマゾンのアレクサは、...

 

>アレクサが突然、「見えるのは人々が死ぬ姿だけ」と言い出した

怖すぎ:(;゙゚’ω゚’):

コメント