英国の軍事専門家「哨戒機の飛行は全く通常のもの。韓国の無返答は普通でない」

イギリスのロンドン大学キングス・カレッジ戦争研究学部講師アレッシオ・パタラーノ博士はTwitterで、自身がP-3C哨戒機に搭乗して低高度を飛行した経験および逆にP-3C哨戒機からの観測を受けた経験を踏まえた上で、「今回のP-1哨戒機の飛行は全く脅威的なものではなかった」とコメントしています。

またパタラーノ博士は「P-1哨戒機の観測対象との距離の取り方は全く通常のものである」、そして「最も大きな問題は韓国艦が火器管制レーダー照射の意図について尋ねられても返事をしなかったこと」であり、このようなことは普通ではないとしています。

防衛省が韓国駆逐艦レーダー照射事件の動画を公開(JSF) - Yahoo!ニュース
12月28日、防衛省は20日に日本海で発生した海上自衛隊P-1哨戒機への韓国海軍駆逐艦クァンゲト・デワンからの火器管制レーダー照射事件の動画を公開しました。

 

普通じゃないのは明らかだし、頭がまともなら現場責任者の首切ってゴメンで終わる話しなんじゃないのかな(;・∀・)

コメント