【画像あり】秋田県の婆ちゃん、あまりの大雪で詰む

スポンサーリンク

雪と闘う日々、「殺されてしまう」 高齢者、先見えぬ状況に募る不安

スポンサーリンク

記録的大雪となっている秋田県の県南部では、高齢者たちが雪との闘いに日々あえいでいる。除雪や、買い物、通院…。見上げるばかりの雪山に囲まれ、「雪に殺される」と切実な声が漏れる。
雪下ろし依頼も、業者手回らず

「上に注意」

横手市横山町で1人暮らしをする佐藤カツさん(80)の自宅入り口には、そう書いた紙が張られている。

スポンサーリンク

雪の重みで折れ曲がった屋根、そこからせり出す雪庇(せっぴ)。「寒さで雪が硬くなり、つついても落ちてこない。どうしたらいいだろう」

先月20日すぎに一度、市の制度を利用して屋根の雪下ろしを済ませた。しかし、30日から続いた大雪で一気に屋根の雪は高さを増し、年明けに再び、雪下ろしを依頼した。

いつもの年であれば頼んでから1週間ほどで業者が来るが、今回はいつになるか分からない。「業者も忙しくて手が回らないんだろう。近所の人や親戚だって自分のことで手いっぱいだと思う。迷惑はかけられない」

スポンサーリンク

大雪に見舞われてから、膝の痛みが再発した。食料品や日用品の買い物には歩いて片道30分以上かかる。「買いだめしたくても、1人で持てる分しか買えない。滑って歩きにくいし、冬の道は怖くて嫌だ」

何かあったときに玄関しか出入り口がなければ不安だと、佐藤さんが勝手口を開けようとした。屋根から下ろした雪に圧迫されて動きの悪い引き戸に、ぐっと力を込める。

「やっと開いた」。しかし目の前は雪の壁。スコップで掘り、わずかな空間を作るのがやっとだった。

スポンサーリンク

脳梗塞の後遺症抱えながら除雪の毎日

「半端じゃない。雪に殺されてしまう」。湯沢市成沢の自宅前で、高橋あさ子さん(72)は雪の山を眺めてつぶやいた。

駐車スペースを確保するため、家庭用の除雪機で雪を飛ばしてきたが、「もう雪を捨てる場所がない。個人の力ではどうにもならないと思うと、気がめいる」。

数年前に脳梗塞を患い、左手足にまひが残った。リハビリを続けスコップを握れるようになったが、今もデイサービスに週1回通い、機能回復訓練を受けている。

スポンサーリンク

屋根の雪下ろしは、共助組織「岩崎生活サポーターの会」に頼むが、自宅前の除雪は同居する次女と2人で行っている。「甘えてばかりいられない。できることはやらないと」

月1回の通院や、日頃の買い物には自分で車を運転して出掛ける。「車が出入りできるスペースを確保しないと、何もできない。そのためには除雪するしかない」。積み上げられた雪山は、既に2階に迫り、一部が崩れて道路にはみ出すこともある。

体調と相談しながら、雪と闘う日々。「必ず春が来る。めげないで頑張ろうと思います」
子どもたちにも連日は頼めず…

スポンサーリンク

東成瀬村では5日、積雪が201センチを観測し、2メートルの大台を超えた。

田子内地区の平良キヨ子さん(83)は、夫の宗一さん(84)と2人暮らし。宗一さんは足が悪いため、自宅前をキヨ子さんが毎日1人で除雪している。
玄関先を除雪するキヨ子さん=5日午前10時50分ごろ、東成瀬村田子内

年末以降の雪の降り方は、キヨ子さんに危機感を抱かせるものだった。

スポンサーリンク

12月中旬から下旬にかけ、日に数十センチの降雪が断続的に続いた。一時小康状態となったものの、31日に41センチ、元日には63センチを記録。「このままでは家がつぶれてしまう」。湯沢市に住む長女夫婦に助けを求め、2日にこの冬2回目の雪下ろしをしてもらった。

長女夫婦や羽後町に住む次女夫婦が雪寄せに来てくれたり買い物をしてくれたりと援助してくれる。だが、連日頼るわけにもいかず、家の中に閉じ込められないよう、玄関先だけは自分で朝夕2時間がかりで除雪する。

スポンサーリンク

敷地内の雪は山と積み上がり、勝手口は雪に埋もれて開かなくなってしまった。
「昔は屋根の上にも自分で上がっていたけど、今は玄関先だけでも大変。いつになればやむのだろう」。キヨ子さんは嘆いた。

https://www.sakigake.jp/news/article/20210106AK0002/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

家潰れそう🥵🥵🥵

コメント