【悲報】中森明菜、ファンクラブ会報で「さみしい、かなしい」

スポンサーリンク

中森明菜がディナーショーで明かした「テレビ出演の話が来ない理由」

中森明菜の寂しきファンクラブ会報…何度も「元気」の2文字が綴られる意味深

スポンサーリンク

〈ねぇみんなー楽しく笑っていられるのはどんな時?〉

表舞台から姿を消して4年、その動向を心配される中森明菜(56)がこのほどファンクラブへの会報でそうつづった。明菜は独特の筆致でこう続けている。

〈さみしい、かなしい どうガンバッテもなるようにしかならない? ほんのわずかな喜びさへあれば緩和できるのでしょうが、そうもいかず! まずはっ心の元気! 心の元気が体も元気にしてくれますぅ!きっとォ!〉

スポンサーリンク

近況報告もなければ、活動予定も、ない。ただ、「元気」と何度も書いた肉筆からは、依然として体調がすぐれず、元気を出したいと願う明菜本人の思いが垣間見える。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「昔から明菜さんは完全主義者。ひとつでもファンに喜んでもらえないようなところがあれば、コンサートのステージに立つことも躊躇してしまう。そして、うまくいかない自分を悔やみ、ふさぎこんでしまうのです。今回の会報からも、まだ思うに任せない彼女の気持ちが感じられ、ファンの方は心配でしょうね。どう見たって、いままた後ろ向きな彼女の姿、復活にはほど遠い厳しい現在を連想してしまうでしょうから」

スポンサーリンク

■父親とは26年も音信不通

円満だった家族関係も1995年に実母が亡くなると、一切の連絡を絶った。ことしで88歳の実父、明男さんは東京都清瀬市の郊外で1人暮らしをしつつ、明菜への呼びかけを続けてきたが、最近は文春オンラインでこんなコメントも伝えられた。

「明菜が会いたくないのなら、もう会わなくてもいい。もういいです」

携帯も持っておらず、連絡の取りようがないのだそうで、26年の音信不通、断絶が諦めの境地へとなってしまったか。

スポンサーリンク

「かつて明男さんに頼まれて、明菜さんのマンションまで、『連絡を下さい』というメッセージを届けたことがあります。しかし、それにも全く、なしのつぶてだったそうです。妹の明穂さんが2019年、52歳の若さで亡くなったときも、葬儀にも参列されなかったと聞いています。関係者の間でも、彼女の近況はおろか目撃談さえ聞こえてこないままなのです」(青山氏)

このファンクラブ会報は、唯一、明菜の生存確認ができるものだとしてファンの間では大事にされている。花の82年組の筆頭格にして、いまや伝説的存在となっている中森明菜。楽しく笑う、元気な姿をそれでもファンは心待ちにしている。

中森明菜の寂しきファンクラブ会報…何度も「元気」の2文字が綴られる意味深(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
〈ねぇみんなー楽しく笑っていられるのはどんな時?〉  表舞台から姿を消して4年、その動向を心配される中森明菜(56)がこのほどファンクラブへの会報でそうつづった。明菜は独特の筆致でこう続けている。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

全部マッチが悪い😡😡😡

コメント