“竹林不倫”で度肝を抜いた秋元優里の現在

“竹林不倫”で度肝を抜いた秋元優里の現在

不倫報道で窓際でも辞めず 秋元優里アナの“鋼のメンタル”

“竹林不倫”で度肝を抜いたフジテレビの秋元優里アナ(34)のその後を「週刊文春」が報じている。

秋元アナは1月に社内の既婚プロデューサーとワンボックスカーを山奥の竹林に止め、密会を重ねていたことが報じられ、「プライムニュース」(BSフジ)ほか全ての番組を降板、テレビから姿を消していた。あれから4カ月、秋元アナはアナウンス室の“窓際族”に転身、スポンサー名を読み上げる若手レベルの仕事しかなく、あとはネットサーフィンだけの“9時5時OL”の日々。それでも本人はいまだに「あれは悪意を持って撮られた写真。たまたま、あの場所を通っただけ」と主張。さらに「私はなんとしても会社にしがみつくから」と語っているという。

あるフジテレビ関係者がこう語る。

「役員たちが自らの不倫をつつかれないように、不祥事があればすぐに画面から消す。そんなフジの体質に『なぜ自分だけ』という被害者意識があるみたいです。だから社内で誰も信じていなくても絶対不倫を認めないし、辞める気がないのではと囁かれています」

デスクにいる時間が増えたせいで、別居中の夫で同じアナウンス室に籍を置く生田竜聖アナ(29)と遭遇する機会が急増。当事者よりも周囲が気まずいと気を揉んでいるという。しかし、不祥事のあった秋元の受け入れ先は見つからず、中ぶらりんのまま。生田との離婚に関しては条件がほぼまとまり、GWには決着がつくとも報じられているが、それにしても、心臓に毛が生えているという表現がぴったりな“鋼のメンタル”である。

不倫疑惑が報じられた秋元優里アナ 窓際族に転身も辞める気なし? - ライブドアニュース
竹林での不倫疑惑が報じられた秋元優里アナの現在についてゲンダイが伝えた。一部週刊誌によると「窓際族」に転身し、若手レベルの仕事しかないという。しかし、本人は「なんとしても会社にしがみつく」と語っているそう

 

ある意味このタフさはうらやましい(;^ω^)

コメント