味の素の原料は何ですか?皆様がヘーといってビっくりするものです。化学調味料の悪イメージ払拭へ

「化学調味料」に生じたネガティブイメージ…味の素の“名誉回復”に社長自ら立ち上がった

食品大手の味の素が、うま味調味料「味の素」のイメージ改善に本腰を入れ始めている。味の素はおなじみの調味料として塩や砂糖と同じように認知され、多くの加工食品にも使われている。一方、化学調味料という呼称が広がったため、「天然」と対比してあまりよくないイメージを持つ人がいるのも事実だ。

ネガティブなイメージはどうして生じたのか。歴史をたどると、米国の論文に行き着く。味の素の西井孝明社長は「風評被害であり、消費者へのミスリードだ」として、イメージ払拭の先頭に立つと宣言した。

4月、都内で開かれた同社のメディア向け懇談会。登壇した西井氏は「風評被害」「ネガティブイメージ」との言葉を繰り返した。さらに、「化学調味料無添加」「化学調味料不使用」といった文字が躍る他社の食品パッケージをスライドで示しながら、「食品メーカーであれば意味がない(安全である)ことは分かっているはずなのに、(表示を)使い続けている」と、穏やかながらも厳しい口調で批判した。

調味料の味の素は97・5%がグルタミン酸ナトリウムで、この成分の英語圏における略称は「MSG」。人が舌から感じる5つの味覚「甘味、酸味、塩味、苦味、うま味」のうち、うま味を刺激するのがMSGで、和食の基本である昆布からとるだしに多く含まれることでも知られる。

MSGの抱えた過去は悲劇的だ。1969年5月、1本の論文が米科学雑誌「サイエンス」に発表された。MSGをマウスの新生児に皮下注射して影響を調査したというものだが、「体重60キログラムの成人に換算すると、30~240グラムのMSGを溶かして一気に注射した」(西井氏)結果、マウスの脳の視床下部に損傷が発生したとの報告だ。

この論文を元に米ニクソン大統領の栄養顧問だったメイヤー博士が、ベビーフードにMSGを使わないよう勧告を発表。この勧告は同年10月、日本でも報道され、MSGを主成分とする味の素は一気に「体に悪い」とのイメージが定着したという。

その後、90年代に入ると世界の科学界でこの論文の検証が行われ、MSGの安全性が証明された。米食品安全局(FDA)も95年、MSGの安全性再確認を公表している。

日本では「70年代は食品を含む公害が課題となり、その中で化学調味料がネガティブなイメージに転換。80、90年代は食に関するグルメブームが起きたが、味の素への健康被害の疑念と妄想は続いた」と西井氏。90年代の米国での安全性検証と証明は、「残念ながら日本では食のブームの中で忘れ去られた」(西井氏)という。

■化学調味料不使用の幻想

MSGに対する不信感は海外でも強く残る。米国で先の論文が発表される前年の68年、中華料理店で食事をした後に脱力感やしびれが出たという“健康被害”が席巻し、その原因調査で先の論文が活用された。米国民の間にMSG不信が広まり、飲食店のメニューや加工食品で「No MSG(MSG不使用)」との表示が広まった。諸外国でも、米国が発信源となったとみられる、「動物の骨から作られる」「(髪の毛が抜けて)はげる」などのMSGへの誤ったイメージが残る。

西井氏にも体験がある。2年前のナイジェリア訪問でレストランに入り、「味の素」を見せて知っているかどうかを尋ねると、「AJINOMOTO」は知られていた。しかし、MSGだと説明すると「MSGはポイズン(毒)だ」との返事があった。80~90年代のアンチMSGの動きの中で、「(MSGに対するネガティブなイメージが)おばあちゃんから母親、娘へと受け継がれていった」と、西井氏は推察する。

■放置できない理由

同社は昨秋、米ニューヨークで栄養学や歴史学の研究者、著名な料理人、メディアなどを招いたセミナーを開き、米国発の負のイメージを払拭するための一歩を踏み出した。フォーラムの内容が報道されると、米国内で「No MSG」の表記が徐々に消え始めたという。米国での情報発信を強化するため、3年間で1000万ドル(約11億円)を投じる。日本での投資額は明言しないが、活動を強化する。

同社によれば、MSGは2018年度に世界で326万トンが消費され、年率2%の伸長が予測される。1食2グラムの使用で計算すると、世界約130カ国で約2600億食の食事に使われたことになる。

ここにきて、国内でもうま味調味料への追い風が吹いてきた。競合他社の商品に、「化学調味料不使用」「化学調味料無添加」と表示されている点については、一部の食品メーカー・団体が必要以上のアピールをやめている。消費者庁も、加工食品の食品表示のあり方について有識者会議を設置し、現状分析を始めた。

味の素は、1908年の池田菊苗博士の研究で誕生し、社名ともなった商品に対する名誉回復に挑んでいる。

http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/190523/ecn19052315300005-n1.html

sakamobi
sakamobi

実際にMSGで頭痛や吐き気を催す人が世界中に大勢いて、海外では「NO MSG」の看板をめっちゃ見るのに、ただ「自然由来だから安全です」としか言わない(言えない)のではなんの効果もないと思うで😩😩😩

コメント