みんなは大丈夫?「相手を疲れさせる話し方」ワースト5

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイプ① 話が頭に入って来ない
本人は一生懸命話しているのに、その内容がちっともこちらの頭に入って来ない人がいます。彼が話し始めると、聞き手はかなりの集中力を求められるからです。

スポンサーリンク

タイプ② 話が固い人
話が固い人と長い時間一緒にいるのも疲れます。彼らの特徴は、言葉に気持ちが感じられないところです。そして口から出て来る内容は、
どこかに書いてあるような情報ばかりで、一緒にいると堅苦しさを感じます。

スポンサーリンク

タイプ③ 話を延々と続ける「話し自慢」

スポンサーリンク

タイプ④ 「知りませんでした」と言えない人は、信頼されない
自分の弱みを見せられない人も、他人を疲れさせてしまいます。彼らは正直に「知らない」「できない」という言葉が言えなくて、どんな時でも「知っている!」
「できている!」と言いたがるのです。

スポンサーリンク

タイプ⑤ 話を最後まで聞かない
先日のこと。ゴルフ場で、私が経験したことをある方に話していました。
「キャディさんがAKBにいてもいいくらい可愛い人だったんですよ。キャディさん、芸能界を目指したらって言ったら、まさかって言われたんです」。
するとその人、「そうですか」って言うやいなや、すぐにそっぽを向いてゴルフクラブを握り、素振りを始めてしまいました。話はまだ続くのですが、
彼には話が終わったかのように感じられたのでしょうか…。

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

あるある😅😅😅

コメント