【悲報】あいみょんさん、イキってしまう

スポンサーリンク

あいみょん、最新インタビュー。「今、日々の中で思うこと」、そして渾身の名バラード“裸の心”を語る

スポンサーリンク

あいみょんの新曲“裸の心”は珠玉のバラード。鼓動を思わせるゆったりとしたビートに始まり、メロディをなぞるようなピアノの調べがやさしく奏でられ、一言一言を大事に追いかけていくその歌声が耳の奥に、豊かで切なくてどこか懐かしい記憶を描き出していく。なんだか申し訳なくなるくらいにおいしくて贅沢で、ずっとこの空気に浸っていたくなるように極上の、ひたすら上質な時間が広がっていく。派手な盛り上がりがあるわけでもない。コブシの効いた歌声がエモーションのドアをぶっ叩くでもない。静かに、ささやかに、しかし確実に、奥行き深くて淡い心のありようが描かれていく。

スポンサーリンク

さすがあいみょん、と言ってしまえばそれまでだが、「誰が、どんな気分で聴いても名曲」というゾーンの中で、また新しい名曲を作ってみせるあいみょんの、針の穴を通すようなバランス感覚と、絶対の作曲能力はやはり稀有で尊いものだと思う。

スポンサーリンク

あいみょんのアルバム『瞬間的シックスセンス』の中に“恋をしたから”というギター弾き語りの小さな名曲があって、それはたまらなく素晴らしい曲なのだが、この“裸の心”はそのさらに高い解像度で、恋と日々と迷いと切なさをめぐる世界観を描写しきった見事なバラードである。具体的なシーンや情景描写に頼らず、静かに揺れる心のありようを、丁寧に丁寧にあぶり出すようにして、やがて大きな感情の動きを誘うこのバラードはあいみょんのすごさの本質を示していると同時に、その着実なる進化の証明でもある――のだが、なんと3年前にこの名曲はできていた、と語るあいみょん。では、なぜ3年後に、この曲は世界に飛び出していくことになったのか。近況や最近の気づきを含め、リモートインタビューで聞かせてくれた。

スポンサーリンク

曲できひんわけじゃないんですよ。でも、物足りないんです。水だけもらって太陽をもらってないお花、みたいな

――最近はどうしてますか?

「何もしてないです。不健康になるようなことしてないですもん(笑)、もはや。吞みに行ってるわけでもないし」

スポンサーリンク

――そうだよね。あ、この前、インスタライブを拝見しました。

「ほんまですか? ありがとうございます。基本的にインスタライブは予告なしなんですけど(笑)」

スポンサーリンク

――あれは自分の中でも「そろそろやりたいなあ」みたいなのがあるの? 「みんな待ってくれてるのかな」みたいな?

「いやー、わたし気紛れなんで。月きれいやから、ぐらいな感じです。あの日は満月やったから(笑)」

スポンサーリンク

――素敵なことを言うなあ。

「だってお母さんが昔言ってたんですよ。女の人は月を見たら殺意が芽生える、何かが芽生える、みたいな。満月だからなんかやろうかなあっていう。殺意は芽生えてないですけど」

スポンサーリンク

――(笑)素晴らしい、救いになるような時間でした。また急にやってください。

「朝の5時とかにやろうかな(笑)」

スポンサーリンク

――今、何か変化は感じますか、自分自身の中で。

「あ、それこそ前々回とか前回ぐらいの(ロッキング・オン・ジャパンの)インタビューの最後に、小栁さん、『最近気づいたことあった?』って訊いたじゃないですか。その時わたし、基本的に家の中で曲ができるんや、洗濯機見てるだけで曲ができるんや、みたいなことを言ったんですけど、やっぱなんだかんだ外からの刺激、表に出て受ける刺激っていうのは大事なんやなっていうのはすごい感じてますね。でも、曲できひんわけじゃないんですよ。日々、作ってはいますね」

スポンサーリンク

――生まれる曲はどう?

「物足りないんですよ。水だけもらって太陽をもらってないお花、みたいな」

スポンサーリンク

――ああ、またうまいこと言うね。

「だから、何か足りないみたいな感覚はありますけどね。あと外出たい理由が、今は音楽で外出たいっていうだけじゃなくて、おしゃれしてどこかに行きたいという感覚も強くなってますね」

スポンサーリンク

――確かにね。せっかく買った靴とか履く機会がないもんね。

「そう。今年の春はこれを着たかったとか、アーティストとしてっていうよりも、ひとりの人間としてうわーってなってるというか。やっぱり25歳ってすごい特別感があるんですね。それをずっと家で過ごしてるのって……25歳、なりたてやったのになあ、みたいな(笑)」

わたしのバラードは聴かれるぞって自信があったから、これはチャレンジとして、初めてシングルでバラードを出してみようって

スポンサーリンク

――この前のインスタライブでも歌ってたけど、“裸の心”は、僕もすごく大好きなあいみょんなんですよ。

「あ、ほんまですか? 良かったです」

スポンサーリンク

――“恋をしたから”が、人生のナンバーいくつっていうくらい聴いている曲で、それに近い感触もある、新たな名曲で。

「(笑)ありがとうございます」

スポンサーリンク

――“裸の心”はどう生まれてきたの?

「2017年にできた曲なんで、内容はリアルタイムではないんですけど。アルバムとシングルを同時進行で作ろうとしてた中で、アルバムの1曲として入れようと思ったんですよ」

スポンサーリンク

――となると、まさに“恋をしたから”ポジションだ。

「そうです。で、トオミ(ヨウ)さんにアレンジ投げして。上がってきたのを聴いた時に、『ああ、これ、シングルで出したいな!』って直感的に思ってスタッフさんに言いました。今、自分はこういう歌を歌いたいし、こういう曲が聴かれてほしいなって。で、ちょうどスタッフさんたちも『最近バラードがあんま聴かれない、最近のバラードのヒット曲ってなんやろ?』みたいなことを言ってて。わたし負けず嫌いなので、そういうのを聞くと、じゃあ自分がバラードを出したらどういうリアクションが来るのか知りたいっていうのもあって。わたしのバラードは聴かれるぞって自信があったから、これはチャレンジとして、初めて、シングルでバラードを出してみようって思いました」

スポンサーリンク

――これは名曲だよね。

「えー、嬉しいです。わたしもそう思います。気合い、違かったですもんね。1回レコーディング終わったのに、もう1回やり直したんですよ、歌入れ。そういうのも初めてで。なんかこう、聴かれてほしいよりも、歌われてほしい曲やなあって思いましたね」

スポンサーリンク

――歌い直しをしたっていうのは、なぜ?

「なんか、きれいにしすぎたんですよね。もちろんトオミさんのアレンジってすごくきれいで、素敵なんですけど、それに合わせにいきすぎて、ロボットみたいな、無感情で歌ってる感じになったので、『あ、なんか違うな』って、ハンドマイクで跪きながら歌いました」

スポンサーリンク

――何かそこで気づくことってあるの? 普段の自分と違うなというか。

「んー……正直この“裸の心”の歌詞って、今の自分にはそこまで共感できないことも多いんです。やっぱり3年前の曲ですし。でも、だから、いつかの自分に刺さる気がして、感情的になるというか。いつかこの曲を聴いて、その時のわたしが感動するぐらいの歌を入れないと、とは思っていましたね」

スポンサーリンク

――じゃあ、歌に今までとは違うハードルを設けた曲だったんだね。

「そう。難しい!と思いながら(笑)」

好奇心と衝動は音楽を作るうえでめちゃめちゃ大事なんですけど、少しタイミングを誤ると全部がもったいないことになっちゃう

スポンサーリンク

――作った当時は、この曲が持ってる難しさには気づいていなかったの?

「もう覚えてないですね。なぜこの曲を作ったのかもわからないですし」

スポンサーリンク

――歌っても思い出さないの?

「でも、やっぱりいい曲やなっていうのと、すごい涙出てきたんですよね。歌詞の状況と今の自分の状況は一緒じゃないのに、すごい感動した自分がいたので。3年間も置いてるから、もはや客観的なんですよね。自分じゃない誰かが作ったような曲に思えて。客観的に聴いて、ここまで自分が感動する曲も、なかなかないなって。この曲を世の中に出したら、自分みたいな感覚になる人がいるんかなあって思うと、出したいなあっていう」

スポンサーリンク

――だから、この3年間はやっぱり必要だったんじゃないかなあって思うよね。

「そうです! 楽曲ってやっぱり出るべくして出るタイミングがあるといいますか」

スポンサーリンク

――そのタイミングってさ、誰がどうやって決めてるの? あいみょんが「今だ!」って感じなの?

「わたし結構、自分だけの意見やと音楽って作れないと思ってて。音楽を作るのは自分ですけど、それを音源化したりするまでは、自分ではできないと思ってるので、スタッフさんに訊くのがいちばんいいと思ってます。だって世の中のリアクションは、いちばんそこに近いじゃないですか。やっぱり第三者の意見がないと。自分の曲は自分からすれば、そりゃあ絶対好きじゃないですか。だけど、自己中なアルバムになるのも、曲になるのも、イヤっちゃイヤやなあというのはありますし」

スポンサーリンク

――その話、すごくあいみょんらしいなと思うんですよ。なんでかっていうと、みんな、「今」の曲を作るじゃない。あいみょんなら25歳の自分が、今この世界で感じたことがあるからこそ、今、新しい曲が出てくるわけじゃない? 普通は「だったら今出そうよ」ってなると思うんだよ。でもあいみょんって、必ずしもそうじゃないんだよね。

スポンサーリンク

「ああ、でも、基本的には毎日のように曲作ってて、これ今すぐ出したい!っていう気持ちはすごいあるんですよ。でも、もちろん好奇心と衝動は音楽を作るうえでめちゃめちゃ大事なんですけど、少しタイミングを誤ると全部がもったいないことになっちゃうんで。ほんまに料理と一緒じゃないですか(笑)。調味料は全部合ってるのに、そのタイミングで入れちゃうと全部がダメになる。ほんまそういうことなんですよね」

スポンサーリンク

――つまり、自分が今出したいっていう事情よりも、人が何を食べたいか、どの味で食べたいかということを考えているというかね。

「あ、そうですね。もちろん、自分も出したい曲はあるけど、今どういうものが求められてるのかっていうのを、研究するのも大事ですしね。“裸の心”に関しては、わたしが出したいっていう気持ちが強い曲でしたけど、今はみんなどういうものを求めてるんやろうとか、ファン目線になっていろいろ考えるっていうのも、ひとつ大事なことではあるなあっていうのは思いますね。かといってファンに寄り添う曲なんて絶対書かないんですけど」

褒められたい欲が今、いちばんあるんかもしれないですね。あいみょん、こういうこともできるんや、みたいな(笑)

スポンサーリンク

――大袈裟に言うとエゴイズムのあり方というかね、自己愛のあり方というかね。そういうものがあいみょんという人は、すごくフラットだなあと僕は思うわけですよ。「この曲は今自分が思ったことなんだから、この叫びをみんな聞いてよ!」っていうことでもいいんだけどさ、でもあいみょんはそこで一旦、客観的な意見を聞いたり、この衝動を今旅立たせるのはどうなんだろうか、みたいに考えるというか。

スポンサーリンク

「うん。ちょっと熱すぎるかな、みたいな(笑)。作る楽曲、リリースする楽曲って、もうめちゃめちゃ聴かれたいですし、ほんとに売れたいし。そういうがめつさがもちろんまだまだあって。だから、5人いたら4人が『この曲は最高!』って言ってくれないと、自信がなくなっちゃうんですよね」

スポンサーリンク

――みんな聴かれたいわけだよね、曲を生み出したミュージシャンは。でも、どこかで、広く聴かれることよりも自分自身を詰め込む、自己実現のほうが優先される瞬間もあるというかさ。

「はいはい」

スポンサーリンク

――あいみょんの活動、特に今回の曲なんかもそういうエゴを優先する動き方みたいなものは、ほとんど感じないんですよ。これってあいみょんという音楽家にとってすごく重要なんじゃないかっていう。そう言われるとどう?

スポンサーリンク

「うーん、認められたら嬉しいっていう感情だけで動いてますね。かわいいでもかっこいいでも、すごいでも天才でも、なんでもいいんですけど。褒められたら嬉しいです。わたし、褒められるのめっちゃ好きなんですよ(笑)」

スポンサーリンク

――この話は、“裸の心”につながるんですけど、なぜこの曲が今なのかっていうことの背景を、僕なりに思うと、この曲の持っている魅力やポテンシャルみたいなものをいちばん褒められる形で出してあげられるのは今なんじゃないかと思ったからなんじゃないの?

「ああ! 褒められたい欲が今、いちばんあるんかもしれないですね、もしかしたら。あいみょん、こういうこともできるんや、みたいな(笑)」

スポンサーリンク

――そうそう。

「ずっと小学生みたいな脳味噌してるんかもしれないですね。お母さんに褒められたい、みたいな(笑)。やっぱ“恋をしたから”とか、そういうバラードもあるんですけど、言ってもアルバムの1曲なので。アルバムを手にして下さった方にしか届かないんかなというのがあって。でも、わたしも“恋をしたから”すごい好きやし、もっとテレビで歌えたりしたらいいのにって思っちゃうぐらいなので。そういう気持ちはあったかもしれないですね。いちばんこう、みんなにすごいって言ってもらえる時期、タイミングなのかもっていう」

スポンサーリンク

――あいみょんの居場所作りにおいて、この曲の役割っていうのはどういう言葉で表現できるんだろうね?

「うーん、どうなんですかね……でも、わたしの中ではすごい大事な曲です。あのイントロ聴くだけで、自分の曲のくせにぞわぞわするんですよ」

スポンサーリンク

――最初のあの鼓動の音?

「あ、鼓動もそうですけど、ピアノの♪レレン、テンテテン、も聴くだけで泣く!(笑)。たとえばですけど、自分があいみょんのファンやったとしたら、100%自分の結婚式には“ハルノヒ”か“マリーゴールド”をかけると思うんですよ。でも、“裸の心”もめっちゃいいなって思ったんですよね。あのイントロって、アルバムのめくり始めみたいで、すごいいいなあって。過去が一気にブォーン!って出てくるんですよ、あのイントロ聴くと。だからもしわたしがわたしのファンだったら、結婚式で流したいってずっと思ってました」

スポンサーリンク

――あいみょんさ、ほんとに過去のアルバムをめくるみたいに、この曲を作った時の気持ちを眺められるようになったんじゃないのかなあ。

「あははは、なんか新しい能力を身につけたみたい」

スポンサーリンク

――要するに、客観的に見られるようになった、懐かしいものにできた。そういう感じなんじゃないかな。

「うん。成長したのかな。25歳。ま、いつも客観的に自分のことは見るようにしてますけどね。SNSとかでもそうですもん。これアップしたらさすがにキモいやろとか(笑)、ちょっと一歩引いたところで、幽体離脱して自分を見るっていうのは、表に立つ人間としては、すごい大事なことやなと思う」

スポンサーリンク

――ありがとうございます。また元気に会える日を楽しみにしてます。

「ほんとに。こちらこそです」

https://rockinon.com/interview/detail/194139?page=1

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

「ファンに求められてる曲を作る」からの「ファンに寄り添う曲は作らない」
何が言いたいのかよくわからない😂😂😂

コメント