sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

愛子様、164cm 37kg 1年で18kg減

   

愛子様、164cm 37kg 1年で18kg減

愛子様、164cm 37kg 1年で18kg減

18kg減の愛子さま 宮内庁は報道陣に「アップ写真使うな」

2月23日、皇太子さまの57才の誕生日に公開された写真は、愛子さまの激やせぶりを改めて世に知らしめた。表情には微笑みが浮かぶが、シャープなフェイスラインにとがったあご。白いカーディガンの下で肩まわりが骨ばっていて、膝の上で重ねられた両手も節くれだっているのが目立つ。そのお姿は、「少しほっそりとされた」程度の言葉では到底言い表せられない。

「ご一家お揃いでの写真撮影が毎年の恒例とはいえ、今回ばかりは“愛子さまのお姿を世間に見せるべきではないのではないか”と宮内庁内部で議論が起こりました。表向きは回復傾向と説明していますが、実際にはかなり深刻な状態だと認識している関係者は多い。報道陣には“皇太子さまの誕生日なので、愛子さまだけをアップで使用するのはくれぐれも避けてほしい”と内々に伝えたと聞きます」(宮内庁関係者)

そんな愛子さまを憂い、別の宮内庁関係者が声低く、衝撃的な事実を明かした。

「現在、愛子さまの体重は37kg前後まで落ちてしまっているそうです。医師の指示で食事の管理を行っているにもかかわらず、一向に体重が戻る気配がないどころか、下げ止まりもしていないんです」

昨年9月末からおよそ1か月半にわたって学習院女子中等科を欠席された愛子さまは、過度な炭水化物抜きダイエットが引き金となり、体調不良に陥ったといわれている。昨年12月1日、15才の誕生日に際しての写真の面変わりに、大きな衝撃を受けた人も多かったことだろう。前出・別の宮内庁関係者が続ける。

「その頃から過度の体重減が世間で心配されるようになりましたが、それでも愛子さまの体重は40kg前後あったといいます。そこから2か月あまりで、さらに3kg体重が落ちてしまった。愛子さまの身長は、雅子さまと変わらない164cmほどで、同級生と比べて少し大きいほう。体重減少が始まる1年ほど前は55kgほどだったと聞いていますから、18kgもやせたことになります。愛子さまご自身は普段通りのご様子で学校に通われていますが、お体への不安は募る一方です」

昨年、長期欠席が始まった頃の愛子さまのご様子を、宮内庁側は次のように説明していた。

「夏休みの宿題・課題の提出や、運動会の練習が続いてお疲れが出た。ふらつきや胃腸の弱まりといった症状が認められる」

それはまさに「拒食の入り口」だったのではないだろうか。だがその時点では、愛子さまご自身も周囲も、深刻に感じていたようには見受けられない。学習院関係者が明かす。

「思春期の女子中学生がアイドルや芸能人を話題にし、ファッションやスタイルに強い関心を持つのは自然なこと。中等科でも憧れのモデルやアイドルがいれば、少しでも近づこうとダイエットに取り組む生徒も出てきます。年頃の女の子ですから、体重の増減に一喜一憂するのは、どこにでもある風景と捉えられていたのでしょう」

大きく違ったのは、愛子さまが「どこにでもいる中学3年生の女の子」ではなく、「皇太子家の子女」だったことだ。

一昨年の夏以降、愛子さまが皇太子ご夫妻とともに公の場に姿を見せられる機会は格段に増えた。長期欠席直前の昨夏には、『山の日』(8月11日)の地方公務にも同行された。以前より少しほっそりされた印象の愛子さまのお姿は、テレビや新聞、雑誌で繰り返し取り上げられ、同時にその笑顔は好意的に受け取られた。

「少しでもよく見られたい、きれいでいたいというお気持ちが強く出すぎてしまったのではないでしょうか。皇族としてのご自覚がそうさせてしまったのだとしたら、皮肉なことですが…」(皇室ジャーナリスト)

それは日本に限ったことではない。1月23日、イギリス王室のキャサリン妃(35才)の激やせを、米紙『ナショナル・エンクワイアラー』が報じた。

記事によると、キャサリン妃は175cmの長身ながら、体重が40kgを切ってしまったというのだ。イギリス王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が話す。

「常に見られる立場の英王室では“美しくなくてはいけない”という気持ちが強いのか、拒食症を『ロイヤル病』とも呼んでいます。ダイアナ元妃(享年36)も拒食症に苦しみ、食後に嘔吐を繰り返していたことがあったといいます。キャサリン妃はウイリアム王子からの強い勧めもあり、摂食障害の専門家による本格的な治療を開始したそうです」

http://www.news-postseven.com/archives/20170302_497911.html

かわいそうに…(;´Д`)

 - ニュース, ネット, 芸能