愛知県(健康寿命 女性全国1位、男性3位)、野菜を食べない県だった…

理由は外食?名古屋めし? 野菜食べない愛知県民の謎

愛知県ではキャベツやブロッコリーなど野菜がたくさん収穫されるのに、県民は野菜をあまり食べないという統計がある。なぜ?

毎週火曜日の午後3時半。名古屋駅前にあるナナちゃん人形付近で、「ナナちゃんストリート オーガニック夕ぐれ市」が始まる。野菜や果物、お茶などを売る店が5、6店ほど並ぶ。「ここのナス、おいしいんだよね」。仕事帰りの会社員らが次々と買い求めた。2時間ほどで完売する店もあるという。

「夕ぐれ市」の実行委員会が5年前から主催。事務局の吉野隆子さん(62)=名古屋市東区=は「仕事が忙しい人たちにおいしい野菜をもっと食べて欲しくて」と話す。吉野さんは「オーガニックファーマーズ名古屋」の代表として、各地で市を開くなど、有機野菜を広める活動をしている。

会社員から農家に転職した浅井英勝さん(58)は、今年から「夕ぐれ市」に参加。冬はカブやジャガイモなどを売る。「こんなにおいしい野菜があるのだから、農家も、もっと野菜を食べてもらえるようアピールしなければ」

愛知県民の1日の野菜の平均摂取量は、都道府県別で男性が全国最下位、女性は45位(2016年、厚生労働省調査)。前回調査の12年は男女とも最下位だった。

食品メーカーのカゴメ(本社・名古屋市)が今年7月に2回、全国の20~60代の男女計約1万7千人に行ったアンケートでも、愛知県の1日当たり平均の野菜摂取量は全国最下位。愛知県民には、「野菜料理は手間がかかる」などと敬遠する声が、ほかの自治体より多かった。朝食の平均品目数も2・22品で、全国平均をやや下回ったという。

愛知県健康対策課によると、普段の食生活ではうどんなどの単品で済ませ、野菜を添えない傾向がある。県民性に詳しい経営コンサルタントの矢野新一さん(69)は「名古屋めし」を、野菜の摂取が少ない理由のひとつに挙げる。「外食が多い。朝はトーストとゆで卵が基本の喫茶店でのモーニング。また、手羽先やみそカツなど濃い味付けが多く、ご飯が進む。野菜まで手が伸びにくいのでは」と話す。

ログイン前の続き総務省の統計では、名古屋市の世帯あたりの年間一般外食費(15~17年の平均)は約19万6千円。都道府県庁所在地など主要52都市で4番目に高い。平均の約15万9千円より約3万7千円多い。

一方、農林水産省によると、愛知県の野菜生産額は1127億円で全国5位(16年)。県東部の豊橋市や田原市を中心に栽培されているキャベツの収穫量は全国2位(17年)で、ブロッコリーは3位(同)と、有数の野菜どころだ。

「外食でもたくさん野菜を食べてもらおう」。そんな思いで名古屋めし評論家の大竹敏之さんら有志がプロジェクト「あいち みんなのサラダ」を立ち上げたのが今年8月。名古屋市内の飲食店に「サラダめし」の考案と販売を依頼した。

第1号は名古屋市中区のダイニングバー「メイシーズ」のまぜめし。ご飯の上には、グリーンリーフやタマネギ・トマトなど10種類以上の野菜。肉みそと卵ものせてコブサラダに使うドレッシングをかけ、かき混ぜて食べる。

メニューを考えた同店員の樫下(かしした)雅紀さん(30)は「野菜を使うだけでなく、味・ボリューム・食べやすさなどバランスを考えた」と説明。客からは「一皿で野菜も肉も食べられる」と好評だという。

プロジェクト事務局の担当者桃井良子さんは「外食の多い愛知県民に、ワンプレートでたっぷり野菜もとれるサラダめしを食べてほしい」と話している。(申知仁)

愛知県の1日平均野菜摂取量
・2016年

男性 228グラム(47位)

女性 237グラム(45位)

・12年

男性 243グラム(47位)

女性 240グラム(47位)

※厚生労働省の国民健康・栄養調査から。小数点以下切り捨て

愛知県の年間野菜生産額
2016年 1127億円(5位)

12年 1090億円(5位)

10年 1114億円(4位)

◆16年の野菜生産額ランキング

1位 北海道2206億円

2位 茨城県2150億円

3位 千葉県1927億円

4位 熊本県1321億円

※農林水産省の生産農業所得統計から

理由は外食?名古屋めし? 野菜食べない愛知県民の謎:朝日新聞デジタル
 愛知県ではキャベツやブロッコリーなど野菜がたくさん収穫されるのに、県民は野菜をあまり食べないという統計がある。なぜ? 毎週火曜日の午後3時半。名古屋駅前にあるナナちゃん人形付近で、「ナナちゃんストリ…

 

ぶっちゃけ健康と食べ物の関連性って言われてるほどないと思うわ。持って生まれた素質とかストレスなど食事以外の生活習慣の方が大事な気がする。

コメント