sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

AIの描いた裸婦像。Google Deep Dreamの犬とバスの融合した地獄絵からかなり進歩する

   

AIの描いた裸婦像。Google Deep Dreamの犬とバスの融合した地獄絵からかなり進歩する AIの描いた裸婦像。Google Deep Dreamの犬とバスの融合した地獄絵からかなり進歩する

AIが描いた激ヤバ「女性のヌード絵」が初公開! 天才少年が作成「機械は人間をこう見ている」、これが未来のポルノだ!

AI(人工知能)の深層学習を利用し、有名女優の顔を任意のポルノ映像と合成した極めて精度の高い「フェイクポルノ」が、昨年末から海外オンライン掲示板「Reddit」を中心に広がりを見せているが、ここに来て、AIのさらなる可能性が明らかになった。

■10代少年がAIで裸婦画を作成「機械は人間をこう見ている」

英紙「Daily Mail」(29日付)によると、米ヴァージニアに住む10代の天才少年ロビー・バラットくんは、数千にも及ぶ裸婦画をAIに深層学習させ、そこからオリジナルのヌード画像(裸婦画)を作成したという。

その裸婦画を見てみると、ハッと息を飲む。辛うじて女性が描かれているということは理解できるが、ほとんどはぼやっとした不出来な肉塊にしか見えないのだ。フランシス・ベーコンの絵画やキュビスムを連想させるが、正直気持ち悪い……。だが、これに対しバラットくんは「このように機械は我々人間を見ているのかと思い驚きました」とコメント。さすが天才少年、凡人とは言うことが違う。

バラットくんは最近高校を卒業したばかりだが、今は半導体メーカー「NVIDIA Corporation」で、AIの深層学習のインターンをしているという。今回の作品もインターンの一環であり、数百年前の裸婦画を中心に、「Generative Adversarial Network(GAN)」と呼ばれるニューラルネットワークを駆使し、絵の形、大きさ、色、人物の姿などを学習させたのだという。これは、generator(生成者)が作り出した絵に対し、discriminator(識別者)が本物の絵との違いを識別することで、徐々に本物らしい絵を学習していくシステムとのことだ。このようなAIのシステムをバラットくんは20世紀アメリカのアーティスト、ソル・ルウィットになぞらえている。ルウィットはペインティングの指示書やルールを美術館に送り、それに従って職人が作品を制作したことで知られている。

「時間を経るごとに良くなっていきます。より長くGANが訓練されれば、より良い作品が生まれます」(バラットくん)

バラットくんがAIで作成した作品をTwitter上で公開したところ、多くの肯定的なコメントが寄せられた。

「100年後にはAIが驚くべき速さで驚くべき芸術作品、音楽、料理、小説を無限に制作しているだろうね」
「AIは芸術の再考を人間に強いるだろう。そして芸術の枠組みを猛然と拡張していくことだろう」
「こんなに歪んだ絵なのに、人間だと認識できてしまうことに驚いている」

将来、芸術の世界もAIに取って代わられるといわれている。Twitterのコメントもバラットくんの作品からAIの芸術的可能性を確信しているようだ。しかし、本当にAIは芸術家になれるだろうか? 芸術作品にとって作家の存在や作品批評、作品のコンセプトは重要な要素であるため、AIが作成した作品を評価するためには芸術評価の方法が大きく変更される必要があるだろう。それに、芸術には天才が求められる。天才を特徴付けるのは独創性だ。どんなに複雑化したところで、既存作品の引用しかできないAIを芸術的天才と考えることはできるだろうか?

むしろ、AIが才能を遺憾なく発揮できるのは、芸術作品ではなくポルノかもしれない。冒頭で紹介した「フェイクポルノ」に独創性や作家性、作品を支えるコンセプトは全くないが、これに欲情することには何の問題もない。ポルノにおいては興奮できるかどうかが最大の問題であり、その裏側を知る必要はないからだ。AIの深層学習は共通パターンや共通要素を抽出することにかけては一流だ。AIにひたすら欲情的な要素を抽出させれば、最高のポルノが生まれるのではないだろうか。バラットくんの作品は芸術の未来ではなく、「ポルノの未来」(「Daily Mail」の記事タイトル)なのかもしれない……。

http://tocana.jp/2018/03/post_16472_entry.html

 

これが未来のポルノだ!

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, ニュース, ネット