【朗報】日本企業、AIでパワハラ上司を見抜くソフトを開発

AIで離職率を半減させた会社、ハラスメント上司を見抜くソフト

人手不足に悩む日本企業。貴重な人材の流出はなるべく避けたい。
対策の切り札として人工知能(AI)が注目を集めている。
離職しそうな社員を事前に検知して手厚くケアする、パワハラ上司をあぶり出して早めに手を打つ――。
社員が生き生きと働ける組織づくりを目指し、人事分野におけるAI活用が広がっている。

AIはFRONTEOのクラウドサービス「KIBIT」を使っている。
AIで毎週分析するたびに、離職リスクが高いスタッフを1~2人指摘する。
AIの活用とその後のフォローにより、離職率半減という成果が得られた。

AIで離職率を半減させた会社、ハラスメント上司を見抜くソフト
 人手不足に悩む日本企業。貴重な人材の流出はなるべく避けたい。対策の切り札として人工知能(AI)が注目を集めている。離職しそうな社員を事前に検知して手厚くケアする、パワハラ上司をあぶり出して早めに手を打つ…。社員が生き生きと働ける組織づくりを目指し、人事分野におけるAI活用が広がっている。

 

離職率半減はすごいね!

コメント