アホの野党のパフォーマンスで午前4時まで続いた国会…職員の残業代3000万円超えの可能性

日本維新の会の遠藤敬国会対策委員長は11日、国会内で大島理森衆院議長と会い、改正入国管理法をめぐり8日未明まで続いた国会で必要になった職員らの時間外手当など経費の公表を求めた。申し入れ後の記者会見で「あんな時間まで国民の税金を使ってやる必要があるのか」と述べた。

遠藤氏によると、大島氏は未明までの国会に関して「国会の激しい戦いの中ではあり得る」と語った。

維新によると、2月26日夜から27日未明の働き方改革関連法をめぐる審議で、職員の残業代やタクシー代が合計1800万円を超えていた。8日は衆参両院で職員が待機したため、遠藤氏は「今回は3000万円を優に超えるのではないか」と主張した。

維新「深夜国会の残業代公表を」
日本維新の会の遠藤敬国会対策委員長は11日、国会内で大島理森衆院議長と会い、改正入国管理法をめぐり8日未明まで続いた国会で必要になった職員らの時間外手当など経費の公表を求めた。申し入れ後の記者会見で

 

くだらないパフォーマンスで国民の血税を無駄にするのは止めてもらいたい(#・∀・)

コメント