sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

路上のタイヤを踏んで事故→路肩に避難→タイヤを踏んで横転したトレーラーが突っ込んで女性2人死亡

   

路上のタイヤを踏んで事故→路肩に避難→タイヤを踏んで横転したトレーラーが突っ込んで女性2人死亡

中国道で親子2人はねられ死亡 タイヤ落ちていた経緯調べる

18日夜、岡山県津山市の中国自動車道で、軽乗用車を運転し路肩に避難していた親子2人が、後続の大型トレーラーにはねられ死亡しました。警察は、親子の車が路上に落ちていたタイヤに乗り上げ、さらに大型トレーラーも乗り上げて横転したと見て、タイヤが落ちていた経緯を詳しく調べています。

18日夜、岡山県津山市の中国自動車道の上り線で、軽乗用車を運転し路肩に避難していた親子2人が大型トレーラーにはねられました。

2人は、広島市安芸区の歯科技工士、中村美香さん(49)と、長女で岡山市北区の大学生、亜美さん(21)で、その後死亡が確認されました。

警察によりますと、事故の直前に女性の声で、「タイヤを踏みつけて事故を起こし、路肩に避難した」と通報があったということで、警察は中村さん親子の軽乗用車が路上に落ちていたタイヤに乗り上げたあと、後続の大型トレーラーも同じタイヤに乗り上げて横転し、路肩にいた親子をはねたと見ています。

2台の車が乗り上げたタイヤは、トラックなど大型の車両に使われるものと見られるということです。

警察は事故が起きる前の時間帯に走行していた車の通行記録を調べるなどしてタイヤが落ちていた経緯を詳しく調べています。

高速道路で車が動かなくなったら

中村さん親子は乗っていた車がタイヤに乗り上げ、動かなくなったあと車を降りて路肩に避難しました。

国家公安委員会の告示では、高速道路上で運転できなくなった車の中にとどまっていると、後続の車と衝突する可能性が高く危険だとして、高速道路でやむなく駐停車する場合に設置することが義務づけられている「三角表示板」などで危険防止の措置をしたうえで、ガードレールの外側など安全な場所に避難することを求めています。

事故が起きたとき、親子がガードレールの内側にいたのか外側にいたのかはわかっていませんが、事故の後、親子が倒れていたのはガードレールの外側だったということです。

岡山県警察本部は「車が動かなくなった時の対応として、路肩に避難するという親子の行動は正しかった」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171019/k10011182341000.html

どうしてタイヤなんて落ちてたんだ(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット