【大阪地震】9歳女児が亡くなったブロック塀、建築基準法違反だった模様

【大阪地震】9歳女児が亡くなったブロック塀、建築基準法違反だった模様

 大阪府高槻市は18日夜、倒壊した市立寿栄小のブロック塀について、高さが建築基準法の基準の上限を超え、違法状態だったことを明らかにした。市幹部は「市の責任は免れないと考えている」と述べた。

建築基準法施行令では、ブロック塀の高さを「2・2メートル以下」と定めているが、倒壊した塀は高さ約3・5メートルだった。

1974年に設置された1・9メートルの基礎部分に、プールの目隠し代わりとして約1・6メートル分を積み上げていたが、積み上げた時期は不明という。市の担当者は「事故が起きるまで違法性を認識していなかった」と説明した。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

小学校のプールに目隠ししなきゃならんという日本の闇が浮き彫りになったよな…(;・∀・)

コメント