【悲報】日本の裁判所「時速94kmで自転車を轢いても無罪。急ブレーキしてスリップする方が危ない。」

スポンサーリンク

自転車はね死亡、運転の80歳男性に無罪判決 直前の雨で道路ぬれ

スポンサーリンク

東京都大田区の国道交差点で昨年2月、赤信号の横断歩道を渡っていた自転車の男性=当時(23)=を乗用車ではねて死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた男性被告(80)に、東京地裁が無罪(求刑禁錮1年2月)の判決を言い渡していたことが6日、分かった。判決は5日。

スポンサーリンク

男性は時速94キロで走行し、信号が黄色になっても直進したが、村山智英裁判官は「直前の雨で道路がぬれ、急ブレーキをかけてもスリップする危険があった」と指摘。法定速度の60キロで走行しても事故は回避できなかった恐れがあるとした。

スポンサーリンク

判決によると、昨年2月28日夜、交差点の約50メートル手前で信号が黄色に変わったが直進を続け、自転車の男性をはねた。

検察側は黄色信号を見逃した過失があると主張。被告側は黄色で安全に停止できない場合、通過するのが認められるとして無罪を主張していた。

https://www.sankei.com/affairs/news/201106/afr2011060016-n1.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

自転車の側も信号無視だったらしいけど、94kmはいかんでしょ😨😨😨

コメント