【高校女子サッカー】8人で県大会優勝してしまう…対戦相手より常に3人少ない状態で勝利を重ねる

女子サッカー、8人で県タイトル 神村学園伊賀分校 三重

1年生8人で構成する神村学園伊賀分校(伊賀市)女子サッカー部が、1月から2月にかけ、スポーツの杜鈴鹿などで開かれた第18回三重県高校女子サッカー新人大会で初出場初優勝した。女子サッカーの強豪としても有名な神村学園(鹿児島県)高等部通信制課程の分校として2017年に開校。女子サッカー部は18年春に発足し、神村学園中等部女子サッカー部立ち上げから関わり、中・高等部サッカー部監督を歴任した吉永輝彦副校長(45)の指導で力をつけ、創部1年目で県タイトルを手にした。


県新人大会は8校が出場し、トーナメント形式で争われた。神村学園伊賀分校は、1回戦で前年度覇者でこの大会10連覇中の三重を苦しみながら下すと、余勢を駆って準決勝、決勝を圧勝した。

サッカーは11人制で行われ、今年度の神村学園伊賀分校は部員全員が試合に出ても対戦相手より常に3人少ない状態。数的不利を補うため、日ごろから全員でボールを奪い、素早く展開して得点につなげる練習を繰り返してきた。

三重戦は横路朱也香選手のミドルシュートで先制。失点を1点に抑えるとPK戦に持ち込んだ。PK戦も1本を争う緊迫した展開になったが4―3で逃げ切った。高校入学後、チーム事情で慣れない守備位置に挑戦したGK田中七海稀選手も体を張った守備で貢献した。


女子サッカー部は開校間もない学校をスポーツで活性化する目的で創設された。全部員が寮生活を送り、まとまりの良さも強み。合同練習は平常約1時間で、それ以外は個人のトレーニングのほか地域活動にも充てる。吉永監督は「これからも家族的な雰囲気を大切にしていきたい」と話している。

県出身者は陣内桜良、橋倉美邑の2選手で、残る6選手は鹿児島県から転入した。鹿児島市内の中学に通っている時、合同練習会で吉永監督の指導を受けた横路選手は、県外進学を決めた理由を「吉永先生がいたから」と話す。

創部1年目でつかんだ県タイトルを、吉永監督は「試合内容は決して良くなかったが11人そろわないことが分かった上で入学してくれた選手らが結果を出すことができて良かった」と胸をなで下ろす。

選手らはさらなる高みを目指す。陣内選手は「全国の景色が見てみたい。もっと練習を頑張ろうと思えるようになった」。「最高の家族と最高の景色を見たい」と話す横路選手は「日本一になりたい」と意気込んでいる。

http://www.isenp.co.jp/2019/02/25/29031/

 

sakamobi
sakamobi

強すぎて草w これぞ少数精鋭!

コメント