【悲報】名の知れた武闘派ヤクザさん、ポーランド人にボコられ死亡してしまう

スポンサーリンク

六代目山口組の武闘派組織「野内組」幹部怪死事件

スポンサーリンク

大阪では名の知れた武闘派ヤクザが怪死を遂げ、極道社会が騒然としている。弘道会系野内組の幹部の遺体が、5月13日、大阪・心斎橋のビルとビルの隙間で発見されたのだ。隙間はわずか70㎝。まさしく怪死である。

「亡くなったのは、野内組の関将孝(48)という幹部です。ビル関係者が13日の午前9時20分頃に通報し、駆けつけた警官がビルの隙間で血を流して倒れているのを発見した。頭部の損傷が激しく、間もなく死亡を確認。被害者はビル5階の踊り場から落ちたと見られています。損傷が暴行によるものか、ビルから落下した際のものかは捜査中です」(全国紙大阪府警担当記者)

スポンサーリンク

岐阜に本拠を置く野内組の野内正博組長は、弘道会若頭を務める大物だ。六代目山口組きっての武闘派として知られ、高山清司若頭から目をかけられている。暴力団情勢に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏が語る。

「あくまで分裂抗争の決着がついた後の話ですが、野内組長は七代目候補として浮上するほど、知力・経済力・武力を持った人物です。抗争でも名前がよく出ますし、重要な局面での交渉も高山若頭から任されている。今後の分裂抗争においても、野内組が暴力的に神戸山口組の傘下組織を攻めていく可能性は十分にあります。それだけに、幹部がああいった形で死んでいたことは非常に意外でした」

スポンサーリンク

怪死事件発生当初は、神戸山口組による襲撃ではないか、との憶測も飛び交った。実際、5月8日には、大阪府豊中市にある神戸山口組系宅見組の入江禎(ただし)組長の自宅に乗用車が突っ込む事件も起きている。

だが、事件の真相はどうやら抗争とは別のところにあるようだ。亡くなった関氏の知人が語る。

スポンサーリンク

コメント