sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

国内テレビ市場、2020年に4K化率70%以上へ「オリンピックでみんな買い換える」

   

国内テレビの“4K化率”は2020年に70%以上へ

電子情報技術産業協会(JEITA)は2016年2月、AV&IT機器の世界需要動向を取りまとめた報告書『AV&IT機器世界需要動向~2020年までの展望』を発表した。

同報告書によると、2015年の国内テレビの“4K化率”は12.3%だったのに対して、2020年には6倍弱の70.5%になる見込みという。2015~2020年の年平均伸び率は、63.7%。「4K/8Kコンテンツの視聴環境整備とともにテレビの4K対応が加速する。通信と連携した放送においても多くが4K対応となるだろう」(JEITA)とした。

国内テレビ市場、2020年に4K化率70%以上へ「オリンピックでみんな買い換える」

2016年以降は、バックライトのLED化などの製品寿命の向上による買い替えサイクルの長期化という懸念がある。しかし、日本は、2018年頃から地上デジタル放送移行時に購入したテレビの買い替え需要が見込まれる。また、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックが需要促進のきっかけとなり、4Kテレビの普及が進むとみられている。中国においても、都市部を中心に本格的な上位製品への需要が高まるとしている。
http://eetimes.jp/ee/articles/1602/23/news026.html

東京オリンピック前の買い替え需要は確かにあるだろうけど、こんな大きな特需はもうこれが最後になるんじゃないかな?

 - ニュース