「45歳定年制導入を。会社に頼らない姿勢が必要」 サントリー新浪社長が提言

スポンサーリンク

45歳定年制導入を コロナ後の変革で―サントリー新浪氏

スポンサーリンク

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。新浪氏は政府の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)の民間議員を務めるなど論客として知られる。
「コロナ後社会」見えてくる 21年は東京五輪で活性化―新浪サントリー社長

スポンサーリンク

政府は、社会保障の支え手拡大の観点から、企業に定年の引き上げなどを求めている。一方、新浪氏は社会経済を活性化し新たな成長につなげるには、従来型の雇用モデルから脱却した活発な人材流動が必要との考えを示した。

45歳定年制導入を コロナ後の変革で―サントリー新浪氏:時事ドットコム
サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。新浪氏は政府の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)の民間議員を務めるなど論客として知られる。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

年齢で一括りにするのはナンセンス。45歳以上でも有能な人を退職させる必要はないし、年齢関係なく若くても無能な社員はいつでもクビにできるようにするのが先😡😡😡

コメント