40000年前の虫、息を吹き返す。リアルジュラシックパーク

40000年前の虫、息を吹き返す。リアルジュラシックパーク

シベリアの氷の大地で長い時間にわたって凍りついてきた線虫の一種が、実に4万2000年ぶりに息を吹き返して活動を再開していることが明らかにされました。

Viable Nematodes from Late Pleistocene Permafrost of the Kolyma River Lowland | SpringerLink

Viable Nematodes from Late Pleistocene Permafrost of the Kolyma River Lowland
We have obtained the first data demonstrating the capability of multicellular organisms for longterm cryobiosis in permafrost deposits of the Arctic. The viable...

Worms frozen in permafrost for up to 42,000 years come back to life

Worms frozen in permafrost for up to 42,000 years come back to life
Nematodes moving and eating again for the first time since the Pleistocene age in major scientific breakthrough, say experts.

この成果は、ロシアのモスクワ大学やアメリカのプリンストン大学などによる研究チームによってもたらされたもの。地質学的には更新世に分類される時代の地層に残され、凍りついていた2匹の線虫を取り出して「解凍」したところ、息を吹き返しました。

シベリアの永久凍土で凍りついていた虫 4万2000年ぶりに息を吹き返す - ライブドアニュース
シベリアの氷の大地で長い時間にわたって凍りついてきた線虫の一種が、実に4万2000年ぶりに息を吹き返して活動を再開していることが明らかにされました。Viable Nematodes from Late Pleistocene Permafrost of the

 

センチューベリマッチ

コメント