沖縄で小学生が体長3メートルの巨大『オナガウツボ』を捕獲する

沖縄で小学生が体長3メートルの巨大『オナガウツボ』を捕獲する

 沖縄県名護市大浦湾のマングローブ林近くで11日、大浦区の小学生2人が体長3メートル、重さ7・5キロのオナガウツボを捕獲した。

緑風学園5年の藤原倉一朗君(11)と同4年の大城ジュウダ君(10)の2人は、普段からよく釣りなどをしている沈下橋へ遊びに行った帰り道、潮が引いた泥の中に動かない「大ウナギ」を見つけた。大急ぎで家へ戻り、たも網と銛(もり)を持ち出し、難なく捕獲したという。

藤原君は「後からウツボと聞いて怖くなった」と話し、大城君は「とっても大きく、すごいと思った」と笑顔を見せた。地元の老人によると、昔は時々見掛けたが最近はなかなか見えないという。

地元の漁師から泥くさくて味はまずいと教わり、体長と重さを測った後、海へ戻した。

ニュース(写真) -琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
沖縄のローカルニュースを伝える日刊エリア紙。特集記事、コラム、データベース、こども新聞紹介。

 

>地元の漁師から泥くさくて味はまずいと教わり、体長と重さを測った後、海へ戻した。

食えないんじゃ仕方ないねw

コメント