「384,400Km離れた隣人」ツイートが話題に

地球からおよそ38万キロ離れた月。その月とあるものがおしゃべりをしているような写真を掲載した「384,400Km離れた隣人」というツイートが、ネット上で話題です。

ツイッターに投稿されたのは、電線にとまったカラスと薄暮の空に浮かぶ月を撮影した写真です。

月と地球の距離はおよそ38万4400キロ。遠く離れているはずの月とカラスがまるで電線の上で会話をしているような構図です。

タイトルは「384,400Km離れた隣人」。
このタイトルと絶妙な構図の写真がネット上で評判を呼び、「圧倒的センスッッッッ!」「タイトルも写真もすてきすぎる」「遠近法すごい」「何をおしゃべりしているのかしらね」と、27日午後2時現在でリツイートは4万を超えています。

そこで、写真を撮影したアカウント名「空中テント」さんに話を伺ってみました。

「空中テント」さんは、埼玉県に住む22歳。写真は、今月23日の午後6時半ごろ、自宅近くで撮影したそうです。

仕事から帰宅後すぐに愛用の一眼レフを持って自宅を出た「空中テント」さん。電線に止まっているカラスを見かけました。そして、背後には、薄暮の空に浮かぶ月が。カラスと一緒に電線にとまっているように見えたらいいなと思ったそうです。

「空中テント」さんは、実は、カラス好き。世間から疎まれがちなカラスですが、大きな翼で悠々と飛ぶ姿に、たくましさと格好よさを感じ、たびたび撮影してきました。

カラスと月を見て、“ふだんは接することがないどうしが会話する”そんな風に見える光景に魅力を感じたそうです。

最後に、数多くリツイートされていることの感想を尋ねると、「投稿したものに批判も賛辞も含め、多くの反応が来るのはうれしいですね」「今後も多くの人に感想を寄せてもらえる写真を撮り続けたい」と話していました。

エラー|NHK NEWS WEB

 

 

インスタ映えやね( ´∀`)bグッ!

コメント