sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【テレビ】「24時間テレビの出演者にギャラが発生している」は誤解だった!?

   

夏の恒例番組、24時間テレビ「愛は地球を救う」(日本テレビ系)が、8月25日から26日にかけて放送される。今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。メインパーソナリティーは、ジャニーズ事務所のSexy Zoneが担当する。そして、毎年注目されるチャリティマラソンランナーは、ANZEN漫才のみやぞんに決定した。

今年で41回目を迎える同番組だが、やはり毎年話題となるのは“チャリティであるにも関わらず、出演者にギャラが発生するのはナゼ?”だ。

元日本テレビ社員は「この話には少々誤解がある」という。

「パーソナリティーやランナーに高額のギャラが発生していると話題になりますが『24時間』に対するギャラは、謝礼のような形で払われ、決して高額ではありません。ですが、長時間拘束される人たちは『24時間』が放送される前後の同局系番組に多数出演します。ここで、通常よりも高いギャラが設定されているので、トータルで高額になるだけなんです」

この元社員は「ランナーや出演者も大変だが、現場はもっと大変」だという。

「誤ったギャラの情報のせいか、ロケ現場で嫌味を言われるようになりましたね。スタッフは猛暑の中一生懸命なのに、気の毒です。また、放送の1カ月くらい前になると、各番組制作部署の床で、何人ものADがごろ寝してます。何日も家に帰れなくて、風呂にも入っていないから結構臭いますね」

愛で地球を救うためなら、多少のブラックな業務は仕方がないということのようだ。救いを求めているのは、現場のスタッフたちかもしれない。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0813/asj_180813_2214299922.html

 

個人的にはチャリティー番組の出演者に常識的なギャラが支払われるのは当然と思う。彼らにとっては仕事なんだし。それを受け取るか受け取らないかは出演者本人の判断で決めればいいだけ。視聴者にとやかく言う資格なんてそもそもない。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能