sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

20代の貯金額、男女ともに「50万円以下」が過半数 うせやろ?

   

若年層を調査するアンケートメディアTesTee Lab(テスティーラボ)は、20代の男女2,906名(男性1,042名、女性1,864名)を対象に「貯金と資産運用に関する調査」を実施した。調査時期は2月5日から7日にかけて。

貯金について聞くと、「現在、貯金をしている」と答えた人の割合は男性が61.0%、女性が62.9%で男女ともにほぼ同じ結果となった。

そこで、「貯金をしている」と答えた人を対象に貯金額を聞くと、男性では「10万円未満」が31.9%で最も多く、「300万円以上」と答えた人は11.5%だった。女性でも「10万円未満」が29.0%で最多、「300万円以上」は11.8%。男女問わず過半数が50万円未満となっている。

貯金の保管先では「銀行に貯金」が男性80.3%・女性86.2%で断トツとなり、「自宅に保管」(男性18.9%・女性15.3%)や「ネットバンクに貯金」(男性8.3%・女性7.3%)を大きく上回った。そのほかの少数意見では「仮想通貨」「投資信託」「保険の積立」といった回答もあった。

一方、マイボイスコム株式会社は「銀行の使い分け」に関するインターネット調査を実施し、その結果を6月13日に発表。調査期間は5月1日から5日で、1万586名から回答を得た。

銀行口座の所有数を聞くと、「3個」が23.3%で最も多く、以下は「4個」(17.0%)、「2個」(16.3%)、「5個」(15.0%)、「1個」(9.0%)が続いた。また、銀行口座が5個以上ある人は全体の3割強で「所有していない」は0.9%だった。銀行口座を複数所有している人にその理由を聞くと、「口座指定など口座開設の必要があった」「お金をおろすときなどに、ATMや店舗が近くにある銀行を使える」がそれぞれ4割弱、「金利・手数料など、利便性に応じて使い分ける」「入金・出金を整理し、効率よく資産管理をする」がそれぞれ3割弱となった。

また、銀行口座を使い分けている人にメインバンクとサブバンクの利用目的を聞くと、メインバンクの利用目的は「給与・年金などの振込」が65.6%で最も多く、「引き落とし(公共料金など)」(48.5%)、「クレジットカード引き落とし」(48.3%)、「生活費」(36.7%)、「貯蓄」(28.0%)などが続いた。サブバンクの利用目的では「貯蓄」が29.0%で最も多く、「クレジットカード引き落とし」(17.7%)、「引き落とし(公共料金など)」(17.1%)などが続いた。

若年層は多くの人が銀行に貯金をしている一方で、銀行口座を複数所有し、利用目的に応じて使い分けている人も多いようだ。

https://moneyzine.jp/article/detail/215196

 

本当に恐ろしいのは、こういう層が40代以降を迎える未来よね…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット